屋外でペットを素敵に撮るための3つのポイント

前回の屋内編に続き屋外です。
屋内と違って屋外ではたくさんの光があるのでブレたり高感度でザラつく心配がありません。
今回は屋外ならではの撮影のポイントを今回はお伝えします。

1. 動きを活かす

屋内とは違って屋外で撮影する時はペットも活き活きとした表情を狙いたいものです。
スポーツモードやシャッター速度優先モードで1/1000秒以上に設定して元気に駆け回っているシーンを撮影しましょう。
走ってこちらへ向かってくるシーンでは置きピン(※)で撮影するとピンぼけが防げます。
※ペットの来る位置にピントを合わせて半押しのままペットが来た瞬間にシャッターを切る方法です。

写真素材 PIXTA
(c) タコパン写真素材 PIXTA

2. 青空を背景に

青空と一緒に写すとペットの可愛さもさらに引き立ちます。
また、青空の部分がコピースペースとなりストックフォトとしての良さもアップします。

写真素材 PIXTA
(c) あつみ写真素材 PIXTA

3. 人物と一緒に撮る

ペットが加わると家族写真も印象が変わり親近感のある写真に仕上がります。
また、屋外ならではの空間の使い方を意識しれ撮影しましょう。

写真素材 PIXTA
(c) IYO写真素材 PIXTA