ストック初心者が意識したいこと3つ!!

初心者が意識

No. 10081164 | by Graphs

4月になりましたね! 

街にはフレッシュな若者があふれ、自分の新入社員だった頃を思い出し初心にかえります……。

というワケで今回はストック撮影の初心にかえり、基本をもう一度おさらいしてみましょう!

意外と忘れていることも多いと思いますよ。

1:”何”を”どんな風に”撮りたいのか決める!

自分自身が「何を撮りたいのか」が分かっていないと、作品も中途半端な印象になってしまいます。自分で作った料理、ペットの犬や猫、近所に咲く花、家から見える景色…など身近なものでも、どういう風に撮ったらその対象が魅力的に撮れるか?を考えてイメージしてから撮影してください。

最初はあまりたくさんの要素を入れすぎず、子供なら子供だけ、花なら1種類だけなどシンプルにした方が、自分の撮りたい画がイメージしやすく良い作品が撮れると思います。

2:とにかくたくさんとる!

デジカメの良いところはどれだけたくさん撮っても、メモリの容量があるかぎり、写真代がかからない!ということです。何をどんな風に撮ったらよいか、縦で撮るか、横で撮るか迷うという方もいらっしゃいますが、そんな時はどちらとも撮ってください。(迷ってる時間がもったいないですよ)

どんな被写体であったとしても真正面だけでなく、角度をつけたり、撮影する方向を変えるだけで全く違う雰囲気の写真を撮ることができますので、試しにいろいろな角度からチャレンジしてみてください。

また、コンパクトカメラの場合などは厳密にピントが合っているかがその場で確認ができませんので、同じ構図でも何枚か撮影しておくことによって、ピントのきている写真をしっかりと押さえられる可能性が高くなります。せっかく良い被写体だったり構図だったりしてもピントが合っていないと審査に通りませんので、気を付けてくださいね。

3:撮ったらすぐにアップする!

せっかく撮った素敵な写真も、撮っただけで満足していてはもったいないですよね。

一度パソコンに眠らせてしまうと、アップするのを忘れてしまったり、大量に溜めてしまうと整理が大変だったりしますので、溜めずにこまめにアップするのが成功の秘訣です。

撮ってすぐだと、撮った場所や物の記憶が鮮明なので、タグ付けもスムーズに行えるという利点もありますよ!!

とにかく「撮ってもアップしないと絶対に売れません!!」ので、撮ったらアップ。は忘れずに!