「家族イメージ」は今、こう撮るのが狙い目!

今回はPIXTAの「売れるテーマ」のひとつである「家族イメージ」の狙い目を紹介します!
「家族イメージ」はストックフォトの王道的な位置づけにありますが、まだまだピクスタには数・バリエーション共に
(特に豊かな感情表現が伴ったもの、判りやすいシチュエーションが付いたもの)足りていないため、絶賛大募集中です。

そこで今回は「家族」の関連検索ワードを、大きく3つのカテゴリに分けて紹介しますので、
ぜひこれからの制作のヒントにしてみてください!

①家族構成

[三世代]

3824284

大人数で構成された家族素材はニーズが非常に高く、
キーワードでは「大家族」「二世帯」などでも検索されています。業界問わず幅広く使用出来るため、非常に使い勝手が良いのですが、撮りおろしで撮影するには大変手間のかかるシチュエーションですので、
素材を使用する頻度が高いのもうなずけますね。

[女性 三世代]

2585412

同性のみの三世代家族素材もニーズが高いです。素材点数自体も少ないので、今撮影すれば競合となるコンテンツが少ないので狙い目ですよ!

 

[老夫婦]

10205576

最近ではアクティブシニアとも呼ばれ、購入者層として注目されている世代です。
市場的にもシニア世代向けの商品・サービスなどが拡充されてきており、今後はますますにニーズが集まる素材ですので、今のうちに撮影しておくのが正解です。

 

シチュエーション・場所

[食事]

3824113
「朝食」|3824113
2058935
「鍋」|2058935

9830510
「バーベキュー」|9830510

朝食や焼肉など家族皆で食卓を囲んでいるイメージもニーズが高いシチュエーションの一つ。
中でもPIXTAでの狙い目は、「鍋」「おでん」「野外 バーベキュー」など季節感が判りやすいものになります。
 顔が映っていない手元だけのものでももちろんOK!家族でお食事の際ぜひ撮影してみてください!

[季節の行事や祝日]

9407676
「父の日」|9407676
3559712
「七五三」|3559712

5922191
「正月」|5922191
9184143
「クリスマス」|9184143

広告は、季節や行事に合わせたものも多く、季節感やシチュエーションがわかりやすい素材は、
(販売期間がある一定の時期に集中してしまいますが)大変販売数が多い素材です。
最近ですと、ここ数年で一気に人気が高まったハロウィン素材は、圧倒的に数が足りていませんので狙い目です。
ただ、今現在の季節ものを撮影した場合、撮ってすぐ売れるというわけではありませんので、
旬の物を撮影した場合は、撮った半年~10か月後が売れ時と考えるとよいかと思います。

 

[趣味]

1981592
「ガーデニング」|1981592
7429730
「ウォーキング」|7429730

家族が一緒に趣味を楽しんでいる素材は、ポジティブなイメージであるため大変使いやすい素材です。
他にも「カラオケ」「ハイキング」なども人気の検索キーワードですよ。

 

[旅行・レジャー]

2885386
「温泉」|2885386
12188315
「空港」|12188315

5560945
「車」|5560945
7614830
「キャンプ」|7614830

家族向け商品の中で「旅行・レジャー」は欠かせない商材です。
最近ではカメラ目線だけでなく、楽しそうで動きがある「自然な姿」「シーンの一部を切り取った」コンテンツも求められています。

 

[家]

10598294
「リビング」|10598294
9584904
「ウッドデッキ」|9584904

5773348
「階段」|5773348
9645944
「一戸建て」|9645944

家の中でのシチュエーションで、一番の人気検索キーワードは「リビング」ですが、最近では「ウッドデッキ」「階段」といった場所にもニーズが集まってます。一戸建てだけでなく「マンション」で検索される数も増えてきました。

 

[介護関連]

7127809

家族だけではなく、ヘルパーや医師などが入っている素材が探されています。
より判りやすいイメージにするには家族以外の第三者を効果的に構図に入れるのもポイントです。

 

[背景が無地の素材]

3697278

具体的なシチュエーションが付いていない白バックの素材もニーズが高いです。
コピースペースを考慮したり、デザイナーが切り抜きやすいことを想定して撮影する必要がありますので、足や手、頭が切れていたり、座っている椅子の端などが切れていないようにご注意ください。

 

動作・ポージング・小道具

[笑顔]

10779667

基本中の基本ですが、PIXTAでは笑顔の表情が圧倒的にニーズが高い素材です。
広告イメージにおいて、ポジティブな印象を与えることが非常に重要なポイントですので、作り笑いではなく「自然」「幸せそう」な笑顔のシーンを切り取って撮影を。
さらに「バンザイ」「ガッツポーズ」など笑顔に付加した、ビジュアルで分かりやすいポーズも使用しやすい素材ですので、モデルになっていただく方にはぜひテンション高めなポージングをお願いしてくださいね。

 

[様々な感情表現]

7336457
「ジャンプ」|7336457
8082981
「びっくり」|8082981

9764732
「困る」|9764732

家族皆で何か一つの感情を表現している素材は、なかなか撮りづらいこともあり狙い目です。
その際少し大げさなアクションを意識してみることが大事です。ただし、大人数であればあるほど全員の表情を揃えるのが難しいので、何カットもチャレンジしてみんなが良い表情をしているものを選んでくださいね。

 

[スキンシップ]

4876241
「抱きしめる」|4876241
11107065
「肩車」|11107065

8325465
「腕組み」|8325465

日本人では実際なかなかする機会のないかもしれませんが、写真素材となった時「家族の暖かさ」や「親子の絆」がよりイメージしやすく人気の素材です。ちょっとくっつきすぎるくらいスキンシップをとったものの方が、距離感が近くに見えるのでぜひ親子でチャレンジしてみてください。

 

[ペット]

1076411

今とっても狙い目なのは、ペットと共に写っている家族素材です。
家族の一員としての認識が高まり「ペットOK」なサービスも近年増えていますので、もちろん素材ニーズも高まっているのですが、まだまだピクスタには足りていません。ペットを飼っている方ぜひ家族×ペットのコンテンツを撮影してみてください!

ちなみに、ライオンなど「野生動物の家族」も探されています。

 

[小道具]

6169226
「タブレット」|6169226
11638208
「メッセージボード」|11638208

小道具を効果的に使ってバリエーション素材として付加すれば、それだけ売れるチャンスは広がります!
家族だけではなくても人物素材を撮影する際には準備しておきましょう。
「PC」「テレビ」「スマホ」なども「家族」の第2検索ワードとして人気のあるワードです。

 

[企画時に大事なポイント]

9161576

そもそもですが、ストックフォト制作にとって重要なことってなんでしょう?
撮影技術や被写体・ロケ地などのクオリティはもちろんですが、それは以外と「企画力」かもしれません!!

上記した様に「家族 + ●●」で様々な状況の家族イメージが探されています。
一回の撮影で複数のテーマ・シチュエーションを捉えるのはかなり困難なので、ある程度絞りこんで企画する必要があります。

その際に大事なポイントは以下の2つです!

 

①リサーチを徹底的に!!

アウトプットをイメージしてから企画を立てましょう。
つまり、そのテーマの素材の使用先や使用用途をリサーチすることが大事です。

「家族イメージ」の使用先はなんだろう?
この先必要になってくるシチュエーションはなんだろう?
まずはここから始めてみましょう。

そして、競合の少ないシチュエーションを探してみるのも非常に大事です。
PIXTAで販売されている家族素材を徹底的にリサーチしましょう!

売れてるシチュエーションの家族構成を変えてみたり、
表情・動き・小道具を変えてみるだけで企画の幅が広くなります!

 

②具体的なプランニング!!

リサーチを経てアウトプットのイメージが固まったら次はプランニングです。
イメージの中の家族をどう撮れば良いのかを具体的に整理してみましょう。

使用用途に対して「5W1H」に当てはめて整理すると、より明確になってきます!

・どんな家族構成ですか?
・季節・行事や時間はいつですか?
・場所はどこでどんな状況ですか?
・どんな動きやポージングですか?

この様に整理したうえで、撮りたいイメージに対して必要な場所や小道具などを手配していきましょう。