ストックフォトの人物撮影ポイント

PIXTAでは人物写真の需要が多く、毎日様々な作品がダウンロードされます。ストックフォトにおける人物の撮影ポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1. 表情のバリエーションを撮る

微笑む、笑う、首を傾げる、驚く、悩む、怒る、指差し、秘密(内緒)、目を閉じる、OKサイン、NGサインなどいろいろな表情を撮影しましょう。
同じモデルで様々な表情のバリエーションを求めている購入者もいます。「この表情もあったら合わせて買っていたのに!」と購入者がならないよう、表情のバリエーションは広く撮りましょう。また、必ず表情のタグも入れてくださいね。

ショートヘアの女性
作品詳細|80364631
ショートヘアの女性
作品詳細|80364569
ショートヘアの女性
作品詳細|81786604
ショートヘアの女性
作品詳細|81786616

2. 時代にあった小物を使う

例えばテレワークのイメージを撮影する際、このシチュエーションに合う小物を用意しましょう。
・ノートパソコン
・スマホ
・デュアルモニター
・ワイヤレスイヤホン など
以前は有線のイヤホンを使っていましたが、今ではワイヤレスイヤホンが主流ですよね。電子機器は移り変わりが早いので、時代にあった小物を選んで撮りましょう。
小物を使うとよりシーンが具体的になり、作品の訴求力も上がります。

ワークライフバランス
作品詳細|58848633
自宅のリビングでスマホを手にする若い男性
作品詳細|76369373
女子高生
作品詳細|50524452
在宅デザイナー
作品詳細|74736030

3. 【引き】と【寄り】を撮る

ストックフォトは、さまざまな広告に使われます。
【引き】の写真は、デザインが組みやすく、デザイナー目線で扱いやすいと言われています。きちんと余白を残すことで、汎用性が高くなるでしょう。
【寄り】の写真は、被写体の印象が強く出て、パッと目に止まりやすく人気があります。臨場感も出て、自然な印象を受けることができます。
【引き】と【寄り】どちらの写真も需要がありますので、両方撮るように心がけましょう。

和装結婚式
作品詳細|40861801
海水浴を楽しむ家族
作品詳細|61404531
女の子
作品詳細|57920258
窓際の席でパソコンに向かう上司の女性
作品詳細|49723506

4. コピースペースを意識

一般的な広告は余白があり、コピー(テキスト)が載っています。ストックフォトでもこのコピースペースが求められることが多く、撮影時に意識して撮りましょう。
複数のモデルを入れた撮影は配置などが難しいので、始めのうちは1人のモデルを入れて撮るのがおすすめです。

» コピースペースに関する詳細はこちら

スーツを着た働く女性
作品詳細|74892506
笑顔のシニア男性
作品詳細|45624024

5. 手の仕草は体から離れすぎないように

スマホの操作や手の動作は、顔から遠すぎない場所に置きましょう。全体のバランスが取れますし、トリミングして使いやすいケースもあります。

スマートフォンを見る女性
作品詳細|82270320
女性フィットネス
作品詳細|59488307

6. 複数の人物を、組み合わせて撮影

モデルの人数が1~2人よりも、3~4人の作品数の方が少なく、その分ライバル作品も少ないです。
複数のモデルさんを撮影する際は、並べてとったり、手前と奥に配置して奥行きをだしたり、いろいろなパターンを撮影してみましょう。
その際も向かい合って笑う、顔を寄せ合う、カメラ目線、目線はずし、など、表情のバージョンも忘れないようにしてください。そのときの状況や、人物同士の関係性を意識すると、よりリアルな表情が生まれてきます。

ビジネスシーン
作品詳細|62543209
教室で友達と過ごす学生
作品詳細|67679696
ダイニングで団らんする笑顔の三世代家族
作品詳細|59375173
男女ライフスタイル
作品詳細|60365596

7.ボディパーツも撮影する

人物撮影するときはボディパーツの撮影もお忘れなく!汎用的なイメージが求められる場合は、顔の入っていない素材が選ばれやすいです。ボディパーツや顔が写らないような寄りのカットは必ず一緒に撮影しましょう。

在宅ワーク
作品詳細|63218012
握手
作品詳細|60604938
サプリメント
作品詳細|67805087
カジュアルビジネス
作品詳細|61144051