ストックフォト初心者はまず●●を撮ってみよう!

PIXTAにご登録いただきありがとうございます!皆さんは、これからどのような作品をアップロードしますか?趣味で撮っていた風景写真、ペット、食べ物、家族の写真など色々あるかと思います。しかし、クリエイター活動を続けていると、「次に何をアップロードしよう…」と思い悩んでしまう人も多いかと思います。
そこで、この記事では何を撮ったら良いか、いくつかの参考例を挙げますので制作のヒントになれば幸いです。

トレンドのもの

食べ物や社会現象で毎年象徴となるものがありますよね。今年はマリトッツォ、オートミール、ワーケーションなどが流行りました。トレンドものは、販売素材点数が少ない可能性があるため、購入者の目に留まる可能性も高くなってきます。
次はどんなものが流行るでしょうか?最近では、NFT関連を耳にすることが増えてきましたよね。常にSNSやニュースで話題になっているものをチェックするようにしましょう!

スマホ

日々の生活の中での買い物、コミュニケーション、情報収集するときはスマホを使うのが当たり前になっていますよね。新しくリリースされる便利なサービスも、アプリで開発されるのが主流です。モデルを入れてスマホを操作しているシーンを撮るのはもちろん、パソコンなどのデバイスや他の小物と組み合わせて撮ってみましょう。

住んでる地域

ご自身が住んでる街の駅、主要な道路(交差点)、有名な坂、川などをPIXTAで検索してみてください。地域によってはたくさんヒットするものもありますが、例えば東京23区内にある駅前の風景がヒットしないor作品数が少ないこともあるんです。
不動産関連や地域密着型サービスのイメージに使用される可能性がありますので、天気の良い日にお散歩しながら撮影してみるのはいかがでしょうか。


※ストックフォトの撮影は個人の作品とは異なり、その写真が広告などの商用に利用される可能性のある商用目的の撮影です。個人の記念や作品としての撮影は許可されて、ストックフォトとしての撮影は許可していないという場所もありますので、確認の際にはご注意ください。
詳しくはプロパティリリースについての記事をご確認ください。

関連記事として、実は知らない?!地元風景を撮ると売れるワケ がありますので、合わせて読んでみてくださいね。