Light & Shadow ~ 陰影のあるビジュアルを広告に用いる ~

消費者のクリエイティブリテラシーを、

なめてはいけない。

SNSを利用する目的が、承認欲求の枠をこえ、自己表現や自己実現をも内包するようになりました。 PIXTAのビジュアルを使ってなにかを訴求したい対象の方々もまた、なにかを表現しようと自身のクリエイティブに日々励んでいる方々である可能性は否定のしようがありません。
つまり、社会のクリエイティブリテラシーは、多様化の動きをとりつつ、全体で見れば右肩上がりです。 主流である、情報をきれいにフラットに整理する広告クリエイティブは、人々の直感によりリーチするようなシフトが求められてきています。

手始めに、陰影のあるビジュアルを用いるアプローチはいかがでしょうか。 特に写真においては、光のコントラスト操作が見るひとの直感と密接に結びついており、その一部としていわゆる「エモい」などの形容が発展しています。

大胆に取り入れるか、あくまで要素として取り入れるかは市場によって異なりそうですが、今回はPIXTAがおすすめしたいLight & Shadowなビジュアルのご紹介です。

人 物 写 真

PICK UP ITEM

いやらしさのない自然な陰影は、見るひとを選ばず、広く「素敵」と認識してもらえそうです。
特にライフスタイルのようなターゲット層の幅が広い市場においては、「安心感のある自然な陰影」で他とわずかに違いを創るようなアプローチをおすすめします。

物 撮 り な ど

PICK UP ITEM

陰影があることで直感や情感によりリーチができるビジュアルのいい例です。
「これは花です」でなく、「これは花なんですが◯◯というような意味も感じてほしく…」という声がビジュアルから聞こえてきそうです。