【PIXTA 夏、揃ってます】エネルギー溢れる「夏コンテンツ」をご紹介します

眩しい日差し、きらめく海、燃えるような夕暮れ。

ビジュアルから夏を感じて


日本には、春夏秋冬の四季があり、それぞれの季節の美しい風景や文化が、
私たちの心を彩り、楽しませてくれますよね。

さて、1年の中で一番暑い季節といえば、「夏」。

みなさん夏と聞くと、どんなイメージを持たれるでしょうか?
青い空、ひまわり、お祭り、プール、etc.と
夏だからこその、「エネルギッシュなイメージ」を想像された方が多いのではないでしょうか?

実際、PIXTAで「夏」と検索してみると、
爽やかでキラキラと明るい夏を表現したビジュアルが豊富に揃っています。
余談ですが、春夏秋冬の中で一番コンテンツ数が多いのは夏なんです。
それだけ、夏には撮りたいと思わせるエネルギーがあり、
皆さんの楽しい思い出がぎゅっと詰まっているのでしょう。

ここ数年はコロナ禍もあり、思うように夏を楽しめなかった方も多いはず。
今年はまず、ビジュアルから夏のエネルギーを感じていただき、
皆さんの夏準備のきっかけにしていただけたら嬉しく思います。

夏の「ひかり」

太陽が高い空を通る夏は、光は上から差しこむようになり、私たちを強く照らします。
朝から夜にかけての光の感じ方や色も大きく変わり、
ビジュアルにも大きな変化をもたらします。
夏の光を上手く取り入れるのも夏のクリエイティブテクニックの1つ。

夏の風物詩

日本の夏は、昔から続く伝統的な行事や、変わらない風景が多くあります。
夏のシーンを切り取ることで、どこか懐かしいような、切ないような、
そんな気持ちにさせてくれるでしょう。
あっという間に過ぎ去る夏だからこそ、大切な思い出のカケラをビジュアルに詰め込んで。

PICK UP ITEM

シンプルながらも夏の強い光で、丁寧に夏を表現している一例 。
モデルさんの眼差しと表情、光のコントロールで、
暑い夏を連想させる印象的なビジュアルに仕上がっています。

PICK UP ITEM

パキッとコントラスト強めな夏のイメージが多い中、カラーで変化をつけたビジュアルの好例。
夕暮れ前、空の青が変化していく瞬間の美しいカラーを上手く表現しています。
青空だけが夏じゃない。そう思わせてくれる1枚です。