あいくるしくて愛おしい!PIXTA人気の「赤ちゃん」写真素材特集

笑顔の赤ちゃん

あどけない寝顔やかわいらしい笑顔・・・。赤ちゃんの写真は、定番の売れ筋テーマです。
ひと口に「赤ちゃん」といっても、ピンショット、お母さんと一緒に写っているもの、年の近い兄弟と写っているものなど種類はさまざま。
今回は、どんな素材をどんな場面で使うのがおすすめか、人気の使用シーンと合わせてご紹介します!

定番はやっぱり「赤ちゃん向け・ママ向け」


リビングで遊ぶ親子



定番の使用シーンといえば、赤ちゃん向けの製品やママ向け製品の広告です。こうしたテーマでは赤ちゃんのピンショットはもちろん、お母さんと一緒に写っている写真も人気を集めています。
表情も柔らかで幸せそうなものが多いため、広告映えも良く、イメージにぴったりなものが見つけやすいからでしょう。

赤ちゃんやママ向けの製品ではなくても、「安心・安全」など優しくクリーンなイメージを与えたい時に、赤ちゃんの画像を使うことも増えています。使える範囲が広い分、商品の紹介との相性も考慮して画像を選びたいですね。

「幸せ」「家族」の象徴として


赤ちゃんの手と四つ葉のクローバー


新緑の中で微笑む3世代家族

「子に過ぎたる宝なし」「掌中の珠」といった言葉もあるように、子どもは「幸せ」や「家族」の象徴でもあります。中でも赤ちゃんをはじめとした幼児にはそのイメージが強いため、広告に使われる頻度も高いです。

「赤ちゃん→幸せな家族」という連想から、結婚や子育てのイメージにもぴったり。幸運の象徴である四つ葉のクローバーと合わせたものは、出産祝いなどにもおすすめです。他にも、家族みんなと赤ちゃんが一緒に写っている写真は、家族向けサービスや三世帯向けのPRなどにも使用されることが増えてきています。

また「同じモデルの画像」を選択すれば「子どもの成長」に合わせたシリーズ物の広告などにも使える画像が見つけやすいので、ぜひ一度試してみてくださいね。


生後1日目


生後7ヶ月 おやつ


2 years old

人気急上昇のテーマは「パパと一緒」!


お父さんと男の子の赤ちゃん


子どもに離乳食をあげるパパ

最近人気が高まっているのが「お父さんと子ども」の写真素材。
働き方革命などで産休や育休、子育ての話題が盛り上がっていることもあり「男性の育休取得」「子育てパパ」のイメージにも需要が広がっているからでしょう。

他にも「子育て」のイメージとして最近話題なのは、「ベビーマッサージ」「保育園」「定期健診」など。こうした話題そのものにも使えるだけでなく、企業の福利厚生ページや建物会場での子ども向けサービスや案内のページへの使用もオススメです。

「天使のように可愛い」からこんな使い方も!


Toddler girl in fairy costume playing in a flower field


Portrait of mom with her baby angel

かわいらしい赤ちゃんの写真は、「妖精」や「天使」のような少し現実離れしたイメージにも使えます。もともと西洋からきたイメージのため海外素材の人気が高く、スタイリングや衣装にこだわった素材もたくさん!
童話やファンタジーのワンシーンなどを利用する時だけでなく、ハロウィンなどの季節行事やイベントのお知らせなどにも使えそうですね。

どんなシーンにもマッチする一枚が見つかりやすい「赤ちゃん」テーマ。
便利だからこそ、使いすぎてマンネリになってしまうことも。
かわいいからといって赤ちゃんの素材一辺倒にならないよう、テーマや商品にぴったりと合う素材選びを心がけてくださいね。


»「赤ちゃん」画像カテゴリはこちら

( この記事のTOP画像に使用した素材No.4206492sugarfar