オーバーリアクションの素材を狙おう!

PIXTAのコンテンツの人気検索ワードや売れ筋は「笑顔」のコンテンツです。

しかし広告素材として考えた時、必ずしも笑顔の表情だけが求められるわけではありません。ユーザーが素材を使って伝えたい内容によっては、様々な表情のコンテンツが必要になります。

そこで今回は笑顔ではない、様々な表情の売れ筋コンテンツをご紹介いたします!

悩む・考える

身近なもので需要のある被写体とは?
身近なもので需要のある被写体とは?

怒る・叫ぶ

身近なもので需要のある被写体とは?
身近なもので需要のある被写体とは?

泣く・悲しむ

身近なもので需要のある被写体とは?
身近なもので需要のある被写体とは?

痛い・つらい

身近なもので需要のある被写体とは?
身近なもので需要のある被写体とは?

悩みを解消したり、痛さを和らげるような商品の場合は、こういった表情のコンテンツが使用されやすいですよね。
写真として画のインパクトも強いので、ビジュアルだけで訴求効果があるのも需要がある理由のひとつです。

こういったコンテンツの撮影のポイントとしては「分かりやすい表情を作ること」と、
表情が分かりやすいように「服装やロケーションなどはなるべくシンプルにすること」です。
表情作りなどは海外のコンテンツを参考にしてもよいかもしれません。

撮影の現場では、モデルとなる方の表情作りが重要になります。モデルさん自身が「やりすぎかな?」と思うくらいで丁度よかったりしますので、上手くコミュニケーションをとって盛り上げながら撮影していただければと思います。

もちろん、演技で作った表情だけでなく、日々の生活の中で出たリアルなお子様の泣き顔などもニーズがありますので、ぜひ撮影を考えてみてくださいね。