画像が鮮明ではありません。

この記事は 約3分 で読めます
高感度撮影・保存時の高圧縮・スキャンデータの過度な引き伸ばしによる画質低下やその他の理由により、画像が鮮明でないと判断されました。

 【ワンポイントアドバイス】

■高感度による画質低下

  • コンパクトデジタルカメラは『ISO感度』を100以下、デジタル一眼レフカメラでは『ISO感度』を400以下での設定を推奨しています。
  • 室内での撮影の場合は感度を上げるのではなく、明るい場所に移動して撮影する事をお勧めします。
  • 屋外で夜景などを撮影する場合は三脚やレリーズを利用し、できるだけ感度を上げずに撮影しましょう。

 

■高圧縮による画質低下

  • 低画質(枚数優先)での撮影が原因と考えられます。jpgは圧縮率を高めるとファイルサイズを小さくすることができますが、同時に画質も低下します。
  • 大きいメモリを用意し高画質(画質優先)で撮影しましょう。
  • RAW撮影の出来るカメラで撮影すると、より高画質な写真を撮影できるだけでなく、ホワイトバランスや明るさ、シャープネス、コントラストなどを撮影後に設定できるので便利です。

 

■スキャン時の高倍率による画質低下

  • 元のフィルム、プリント、手書きのイラストに対してスキャン時の読み込み設定が大きすぎる可能性があります。読み込む設定を小さくして再度スキャンしてください。
  • フィルムスキャンで取り込んだデータを必要以上に拡大している場合には、全体的なピントがあまくなり、ピントがきていない画像と判断されやすくなります。
  • フィルムスキャンデータは、適切な大きさでご登録いただくようにお願いいたします。フィルムスキャンをする際の注意点をご確認ください。

 

■上記の理由以外にも、画像が鮮明でないと判断される要因はあります。

  • ピントが合っていなかったり、ブレがある場合、画像が鮮明に見えないことがあります。
  • 撮影後の処理等で、画質低下を引き起こす可能性のある作業や内容をクリエイター自身で調べるようにしてください。
  • 長時間露光で撮影する際には、画素欠損に注意して撮影を行なってください。欠損の著しい場合には登録できません。
  • 画像の不鮮明なものはサイズを一段落としてアップロードするなど、工夫するようにしてください。

 

【参考リンク】
こんなNGに気をつけよう/ノイズ

 

この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ