【コストをかけたレディメイド作品】複数モデルが起用された写真コンテンツ特集

オーダーメイドを考える前に、まずはPIXTAへ。

改めてですが、ストックフォトはオーダーメイドでなくレディメイドです。
クリエイターの皆さまは、ニーズを仮説立て制作費を先行投資します。
思考としては、「なるべくミニマルに撮影を行い売上を立てよう」という重力が働くのが普通だとは思います。
しかし中には、「きっとニーズがあるだろうからこの撮影に懸けてみよう」という、ある種ヒリヒリするような撮影を自ら企画し実施していただいているクリエイターさまも存在します。
そのヒリヒリの代名詞となるのは「モデル費用」ではないでしょうか。

今回は、コストをかけ複数名のモデルが起用された写真の特集です。
人物写真のジャンルでクリエイターさま同士が激しくしのぎを削るPIXTAだからこそ、オーダーメイドでの実現には頭を抱えてしまうようなテーマ・内容の写真も、レディメイドとして多数のラインアップがされています。
オーダーメイドをお考えになる前に、まずはPIXTAへお越しください。

コンテンツ紹介

PICK UP ITEM

衣装やヘアメイクに統一感のあるナチュラルビューティー。
PIXTAの撮影には全国多数のモデルさんにご参加いただいており、それもレディメイドの強みを助長してくれている点として見逃せません。

PICK UP ITEM

大学生のサークル活動イメージ。こういったニッチなシーンにも複数モデルが起用されている「PIXTAレディメイド」のバリューと網羅性を象徴する1枚です。