エモーション2.0

ポ ジ テ ィ ブ と ネ ガ テ ィ ブ 、

そ の あ い だ 。

写真やイラストを「感情」ベースで探すとき、笑顔などの「ポジティブ」な感情 か 悩んでいる姿など「ネガティブ」な感情の2極で検索されることが多いのではないでしょうか。
たしかにそれらは分かりやすく説明できるため、社会やマーケットとのコミュニケーションがスムーズに進行します。

しかし、人間の感情は小宇宙とも形容されるほど「捉えようのない何か」であり、非常に複雑です。
ポジティブとネガティブの2極間に広がる「複雑な感情」が表現されたビジュアルをあえて選ぶことで、社会やマーケットからより深い共感が得られたり、人々の想像力が商品やサービスをより魅力的に見せる効果があるでしょう。

今回はそんな、捉えようのない感情を帯びたビジュアルのご紹介です。

写 真

PICK UP ITEM

一見鮮やかでポジティブな印象のこの写真ですが、人物の顔が花で隠れることによって解釈の余地がひろがっています。

見るひとの状況や心境によって等身大に意味が変化する、マーケットに想像力を投げかけるビジュアルとなっています。

イラストレーション

PICK UP ITEM

線画というミニマルな手法で描かれたこのイラストは、もちろん感情パターンが捉えにくく、使用にあたっては汎用性の高いビジュアルです。