[リジェクト理由]ライティング、露出が販売素材として適切ではありません。

ライティングや露出が適切ではないため、被写体に適切な光があたっていません。

 【ライティング、露出が適切ではない例】

■ライティングが適切はない(光の当て方が適切ではない)

  • 被写体にきれいに光があたっていません。
  • 意図しない影が写り込んでいます。

 

■露出が適切ではない(光量が適切ではない)

  • 露出オーバーにより、全体的に明るすぎる画像です。
  • 露出アンダーにより、全体的に暗すぎる画像です。

 【ワンポイントアドバイス】

  • ライティングを調整する。
  • 撮影場所を変更する。
  • 撮影時間を変更する。(太陽の位置を考慮して時間をずらすなど)
  • 良い光の条件下で撮影をする。