定額制プラン導入事例 トランスコスモス様

マルチシートライセンスやAPIなど、PIXTAの定額制プランをご利用いただいているお客様のインタビューをご紹介いたします。

トランスコスモス株式会社様

トランスコスモス株式会社様

https://www.trans-cosmos.co.jp/

デジタルマーケティング・EC・コンタクトセンター統括
アカウントエグゼクティブ総括
事業推進本部 コミュニケーションデザイン部
マーケティングクリエイティブ1課

本多由香里 様

トランスコスモスは「Global Digital Transformation Partner」として、お客様企業のデジタル化およびIT活用を推進し、企業と顧客のコミュニケーションをマルチチャネルに支援している。その中でWebプロモーション全般も手掛けており、マーケティングクリエイティブ課では、バナーやインフィードなどの広告クリエイティブの企画・デザイン・制作などを行っている。

PIXTAの定額制を選んだ理由は何ですか?

コストパフォーマンスが良いというのが大前提ですが、それにより素材の質が落ちてしまうことが課題だと考えておりました。他社サービスと比較した際にPIXTAのサービスは、コスト、品質のバランスがよくマッチしていたので利用しています。

実際に利用してみていかがですか?

PIXTAの定額制を利用する前は、クライアントに素材をご支給いただくか、単品で都度他社の素材サイトから購入していました。
定額制を利用するようになり、使用枚数も増えている感覚があります。
また、素材を見ているときに、その素材と同じカメラマンが撮った別の画像や、同じモデルさんが撮影されているバリエーションがレコメンドとして出てくるので、かなり使いやすいです。定額制なので数多く提案もできるところがよいですね。広告制作も多いのですが、特に広告露出をすると、人物に注目がいきやすいという傾向があります。ですので、やはり人物素材を利用することが多いですね。比率でいうと、8割くらいかと思います。

定額制導入前に比べてどのようなメリットがありましたか?

トレンドに合った素材が見つかることが大きなメリットだと感じています。トレンドと言っても露出する媒体や依頼主の業種によって本当に異なるので一概には言えないのですが、「インスタグラム」はやはり旬だと思っています。それを考慮すると、ユーザーが撮影・加工したような画像が、特に若年層には反応がいいですね。PIXTAはそういったトレンドを意識した写真素材も豊富にあり有難いです。
また、加工するとは言え、自社で元となる写真を毎回撮影することはできませんので、フレームとしてPIXTAのストックフォトを使い、そこにクライアントの商品を合わせ、加工することで一つの制作物として完成させています。
また、市場やユーザートレンドには、制作を依頼するクライアントの方々も非常に敏感ですので、双方で話し合って効果検証していく流れが自然とできています。
まずは実際にトライをする上で、各媒体から出てくる新しいサービスを試し、検証し、新しいクリエィティブにフィードバックしていくことを行っています。ユーザの反応がいいものに合わせてクリエィティブを寄せていくことが大事ですし、それによりトレンドを逃さず、時代、世代に受け入れやすいものを提供できると思っていますので、そういった試みに使いやすい素材が揃っているのは大きな魅力です。

PIXTAへのご要望やご意見等ありますか?

動画素材の点数、バリエーションは欲しいと感じてます。動画を一から制作すると、よりコストがかかるので抑えていきたいところです。
また、同じ動画でも制作案件によって欲しいパターンやアングルが変わってくるため、より多くのバリエーションが揃っているとうれしいですね。
動画の定額制を検討してもらえると、今後の制作や提案の幅も広がりそうだと感じております。

トランスコスモス株式会社様

トランスコスモス株式会社様がご利用のプランは
チームで画像を使う方におすすめのマルチシートライセンス

定額制サービスのご利用について