定額制プラン導入事例 福博綜合印刷株式会社様

マルチシートライセンスやAPIなど、PIXTAの定額制プランをご利用いただいているお客様のインタビューをご紹介いたします。

福博綜合印刷株式会社様

福博綜合印刷株式会社様

https://www.fsp.co.jp/

メディアプロデュース本部 クリエイティブ部
クリエイティブ2課 課長

谷口公一 様

1929年の創業から九州の印刷産業を牽引し続けている。印刷物のデザインから印刷まで、顧客ニーズに合わせてトータルサポート。WEBやDMのデザイン・制作にも対応し、幅広いコミュニケーション創造の一翼を担っている。

PIXTAの定額制を選んだ理由は何ですか?

元々ストックフォトは、カメラマンがどうしても手配できない時などに使わせてもらっていました。
その中でも特に利用頻度が高いストックフォトサイトがPIXTAだったからです。
僕が所属している部署以外でも様々な部署で写真をいっぱい使っているんですが、経費を見たらすごい金額になっちゃってて……。
だったらもう定額制にしてしまおう! ということで導入を決めました。

実際に利用してみていかがですか?

他のストックフォトと比べて、PIXTAの写真素材は良い意味で「プロっぽくない」構図のものが多いと思います。
プロの写真だと「THE写真」という感じで写真自体に隙がないのですが、PIXTAの素材には程よい余白があって、メッセージを入れたい場合にも使いやすいです。
またこれまでは、提案する際にはカンプデータを使用していたのですが、ウォーターマークが入っているので見栄えが悪いと感じていました。 定額制を利用し始めてからは、本番画像で提案できるので、ウォーターマークが入っていない状態で見栄えの良い提案ができるようになりました。
加えて、本番画像を使って提案することで、カンプデータのままで印刷してしまう、といった万が一の事故も回避できるので、リスクヘッジにもなっています。

定額制導入前に比べて、どのようなメリットがありましたか?

提案時の印象が違いますね。
カンプデータだと、ポスターサイズに引き伸ばした時に、せっかく綺麗に発色する印刷機で刷っても画像が荒れてしまうのに対して、本番画像の場合はバシッと綺麗に印刷できます。
クライアントにも「綺麗ですね」って言われるんですよ。
企画提案の場合には企画内容で決まりますが、デザインコンペの場合には見た目の綺麗さが決め手になることも多いんです。
納品用の紙面に落とした時の綺麗さはもちろんですが、コンペの時にも「あんまり綺麗じゃないね」って言われるよりも、綺麗な方が印象はいいですよね。
印刷物の提案時の見栄えの良さには、本番画像がてき面です。

PIXTAへのご要望やご意見等ありますか?

画像素材の取り揃えについては、今でも十分あるとは思いますが、イラストベクター素材のバリエーションが増えることに期待しています。
例えば人物イラストだったら顔の表情の種類が豊富だったり、同じテーマのイラストでもタッチの異なるイラストが増えると嬉しいです。

福博綜合印刷株式会社様

福博綜合印刷株式会社様がご利用のプランは
チームで画像を使う方におすすめのマルチシートライセンス

定額制サービスのご利用について