定額制プラン導入事例 日本アート印刷様

マルチシートライセンスやAPIなど、PIXTAの定額制プランをご利用いただいているお客様のインタビューをご紹介いたします。

日本アート印刷様

日本アート印刷様

http://www.nipponart-p.co.jp/

東京支店企画制作室 係長/アートディレクター
中村祐介 様

デザインの企画からWEB制作、パッケージ、ノベルティ作成、展示会の企画・運営まで多岐に渡って対応。幅広い業種のお客様を持ち、それぞれの特性に合った効果的な販売促進ツールを提供している。
最近ではメディア・媒体をクロスオーバーさせた企画などより深く強いコミュニケーションを要するサービスも展開。

PIXTAの定額制を選んだ理由は何ですか?

ストックフォトを扱っているサービスは、コスト的に高い会社が多いと感じます。その点ではPIXTAのサービスは、コストメリットがあると思いました。正直特にきっかけはないのですが、周りのデザイナーさんの利用者が多かったので、自然な流れでなんとなくですかね。(笑)
実際は、展示会や自社の紹介資料、フリーペーパーなどにも使っています。

実際に利用してみていかがですか?

人物や場所のバリエーションが多いので使いやすいと感じています。例えば京都のパンフレットを作るときに、
PIXTAは自分がイメージしている画像が、検索してすぐにヒットしやすいので、素早くイメージ通りの素材を見つけられるという印象があります。
また人物の画像も多いところが良いですね。人物が正面を向いて、整列しているようないかにも作られた感じではなく、自然な感じで家族がリビングで寛いだり戯れているシーンもあって、種類が豊富だと思います。
また、俯瞰的な画像も多いので、その点でも使い勝手が良いと感じています。

定額制導入前に比べてどのようなメリットがありましたか?

定額制では、枚数をあまり気にせず、気軽に素材をダウンロードできるのでサンプルなども気軽に作れるようになったことがいいですね。クライアントへの提案の際に、写真のパターンを複数求められる場合があるのですが、すぐに複数案提示できる上、ウォーターマーク(透かし)なしの素材を利用できるので、イメージを掴んでもらいやすいです。透かしありですと、イメージが掴みづらいので助かっています。
定額制のマルチシートライセンスを、複数の部署をまたいで利用しているのですが、誰がどの画像を何枚使ったなどの利用履歴をCSVで出力できるので管理側としてもありがたいです。

PIXTAへのご要望やご意見等ありますか?

サービス提供や、提案時のクライアントの方からの評価はトータル的に良いと感じています。画像と総合的なデザインが合っているので満足してもらっているのだと思います。
正直2年前くらいだとPIXTAの素材や画像のクオリティは低い印象だったのですが、現在はかなり上がってきていると認識しています。

日本アート印刷様

日本アート印刷様がご利用のプランは
チームで画像を使う方におすすめのマルチシートライセンス

定額制サービスのご利用について