デジタル一眼レフのすすめ

デジタル一眼は難しいと思われがちですが、実はそんな事はありません。
基本的な操作はコンパクトカメラと殆ど変わらず高画質な写真が撮影できます。カメラの操作は撮影モードを利用すれば思った通りの撮影ができます。
デメリットとして大きさや重さがありますが、その分しっかりと持てるので安定し、コンパクトカメラよりも手ブレを防げます。
デジタル一眼はコンパクトカメラに比べ画像素子(CCD、CMOS:フィルムにあたる部分)のサイズが大きい為、より大きいボケを得る事ができます。同じ1,000万画素であっても画像素子が大きいので1画素あたりの光量が多くなりより忠実な色を表現する事が出来ます。

また、撮影する対象に合わせてレンズを選んで交換出来るのも大きなメリットのひとつです。 カメラの買い替えを検討している方はデジタル一眼も候補に入れてみてはいかがでしょうか。