コミッション率を効率よく上げるには?

コミッション率を効率よく上げるには?

みなさんは、自分の作品の販売実績が反映された「クリエイターランク」をご存知ですか?
PIXTAでは、写真・イラスト素材を販売する回数が増えるとランクが上がる仕組みになっており、
作品が購入されると、このクリエイターランクに応じたコミッション率により、
売上の一部が獲得クレジットとして加算されます。

つまり、PIXTAで稼ぐには、このコミッション率をいかに上げていくかが重要です。
今回の記事では、簡単にできるコミッション率アップの方法をご紹介します。

»クリエイターランクについて

1. 独占コンテンツを増やしてみる

「独占コンテンツ販売制度」とは、その作品については他社ストックフォトサイトでの
販売ができない代わりにコミッション率がアップする制度です。
作品をアップロードして審査申請するときに、「独占販売」の項目で規約に同意し、
チェックボックスを選択してください。

審査申請画面
▲審査申請画面
独占販売のチェックボックス
▲独占販売のチェックボックス

すでに販売している作品も、マイページで一般から独占コンテンツに切り替えることで、
コミッション率が6%アップします。
審査申請の際に、意外と見落としがちなので、確認してみてくださいね。

2. 人物素材を増やす

赤ちゃんと両親
赤ちゃんと両親|
4944248
握手する男女
握手する男女|
7698193

写真素材販売回数のランキングからもわかるように、ランキングの上位を占めるのは
ほぼ家族のライフスタイルイメージや、女性のビジネスイメージなどの人物素材です。
手元だけのパーツカットや後ろ姿のイメージ等もよく売れていますので、
まずは身近な家族や友人を被写体に、撮影してみましょう。

3. PIXTA専属クリエイターを目指す

販売実績が100枚を超えると、専属クリエイターになることができるので、
コミッション率は50%〜55%までアップします。

専属クリエイター制度とは、作品の販売をPIXTAでのみ行なうクリエイターに対し
コミッション率のアップや審査の優先、キャスティングシステムを通したモデル手配など
様々なサポートを実施する制度です。
中でも、需要の高い人物コンテンツをメインに制作を行なう人物専属クリエイターになると
コミッション率が最大60%までアップします。

まずは、100枚のコンテンツ販売を目標に、戦略的に作品を制作していきましょう!

●その他のお役立ち記事もチェックしてみてくださいね!!!●
»独占販売と専属クリエイターについて