【10/27 FAQ追記】マイナンバーの収集につきまして

その他

この記事は 約3分 で読めます
平成27年(2015年)10月からマイナンバー(個人番号)の通知、平成28年(2016年)1月からその利用が開始されます。
これに伴い、当社としては、クリエイターの皆様の報酬・料金等の支払調書作成事務という利用目的のために、支払調書が必要なクリエイターの皆様のマイナンバー(個人番号)を収集する必要があります。
その際には、クリエイターの皆様のマイナンバー(個人番号)を単にお知らせいただくだけでなく、皆様のマイナンバー(個人番号)およびご本人の確認が必要となります。

マイナンバー(個人番号)およびご本人の確認のための書類提出について、システムの受け入れ準備が整い次第ご案内いたしますので、それまでは、郵送・メール等の手段を問わず、当社にマイナンバー(個人番号)を送付することはお控えいただけますようお願いいたします。

当社のマイナンバー(個人番号)取扱い等に関してご質問等がありましたら、当社のお問い合せフォームまでご連絡いただけますようお願いします。

»獲得クレジットとお支払いについて
»源泉徴収税について


マイナンバー(個人番号)についてのよくある質問 (※2015/10/27追記)

Q.登録素材の著作権が法人に帰属しており、源泉徴収の対象ではありません。その場合でも、マイナンバー(個人番号)の提供が必要ですか?
A.必要ありません。
当社において支払調書の作成が必要なクリエイターの皆様(当社で販売する素材の著作権がクリエイター会員様個人に帰属している場合)のみ、個人番号の提供が必要です。

Q.コミッションの支払いが発生していない場合でも、マイナンバーの提供が必要ですか?
A.コミッションのお支払いがない場合には、必要ありません。提供が必要な方には、当社から提供のご依頼をする予定です。
2016年にお支払いするコミッションからマイナンバーが必要となりますので、2015年11月1日以降に換金申請されたものが対象となります。
※2015年11月に換金申請されたコミッションは、2016年1月12日にお支払予定となっております。

Q.マイナンバーを提出しなかった場合、コミッションの支払いはなされないのでしょうか?
A.マイナンバーをご提供いただかなかった場合であっても、お支払いはいたします。
ただし、支払調書にマイナンバ―を記載することは、法令で定められた義務ですので、それでもご提供いただけなかった場合に発生するクリエイター会員様の不利益等について、当社は責任を一切負いかねますので、ご了承ください。

この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ