PIXTA限定素材

写真素材: 軒丸瓦と鬼瓦(千畳閣(豊国神社 本殿)・厳島神社/広島県廿日市市宮島町)

素材番号 : 6633945 全て表示

軒丸瓦と鬼瓦(千畳閣(豊国神社 本殿)・厳島神社/広島県廿日市市宮島町)[6633945]の写真素材は、軒丸瓦、軒丸、屋根瓦のタグが含まれています。この素材はskipinofさん(No.71500)の作品です。SサイズからXLサイズまで、US$5.00からPIXTA限定でご購入いただけます。無料の会員登録で、カンプ画像のダウンロードや画質の確認、検討中リストをご利用いただけます。 全て表示

軒丸瓦と鬼瓦(千畳閣(豊国神社 本殿)・厳島神社/広島県廿日市市宮島町) 6633945

軒丸瓦と鬼瓦(千畳閣(豊国神社 本殿)・厳島神社/広島県廿日市市宮島町)

※PIXTA限定素材とは、PIXTA本体、もしくはPIXTAと提携しているサイトでのみご購入いただける素材です。

S
  • 640 x 425px
  • 22.6 x 15.0cm (72dpi)
JPG US$5.00
M
  • 2000 x 1329px
  • 16.9 x 11.3cm (300dpi)
JPG US$15.00
L
  • 4000 x 2659px
  • 33.9 x 22.5cm (300dpi)
JPG US$30.00
XL
  • 6016 x 4000px
  • 50.9 x 33.9cm (300dpi)
JPG US$50.00
Ex エクストラライセンスを追加 +US$30.00
合計(税込)

写真素材: 軒丸瓦と鬼瓦(千畳閣(豊国神社 本殿)・厳島神社/広島県廿日市市宮島町)のタグ

作品コメント
広島県廿日市市宮島町にある日本三景の一つ厳島神社で撮影。1587年に豊臣秀吉が戦歿将兵の慰霊のために、安国寺恵瓊に命じて大経堂として建立した。畳857枚分の広さがあることから「千畳閣」と呼ばれる。秀吉の死により工事が途中で中止され、板壁も天井の板もない未完成の状態のままとなっている。明治初年の神仏分離により本尊の釈迦如来座像は大願寺に遷され、嚴島神社の末社として豊臣秀吉と加藤清正を祀るようになった。重要文化財。屋根瓦には「王」と刻まれ、金箔が施されている。(撮影日/2013年2月20日)