情報集約サイト「PIXTAガイド」リリースのお知らせ

PIXTA エディター その詳しい使い方を解説!

PIXTAエディターは素材のリサイズやテキストの追加などが簡単にできる、無料の編集・加工ツールです。今回はその詳しい使い方をご紹介します!

早速PIXTAエディターを使ってみる方はこちら
PIXTAエディターの詳しい概要を知りたい方はこちらから

まずは基本的な機能の場所から

エディターには主に大きく3つの機能があります。 まずは機能がどのように配置されているのか見てみましょう。

キャンバスに配置された素材を編集する

青い枠の、キャンバス周りの機能について詳しく見ていきましょう。

キャンバスについて

素材を動かすと、下に白い面が現れます。この白い面が「キャンバス」です。
キャンバスの上に素材やテキストなどを配置してデザインを作成することができます。
キャンバスのサイズ=デザインデータのサイズ となるので、キャンバスからはみ出した部分は最終的にダウンロードするデザインデータには表示されません。
※上記スクリーンショットではキャンバスに配置した写真素材の左側がキャンバスからはみ出ています。

フィルター

「フィルター」は画像の色味を変えられるフィルターをかける機能です。
フィルターをクリックすると左側にフィルターの候補が出てきます。任意のフィルターをクリックすると画像にフィルターが適用されます。
元に戻したい場合は左上の「リセット」をクリックしてください。

調整

「調整」は明るさやコントラストなど画像の基本的な見え方を編集することのできる機能です。
元に戻したい場合は右下の「リセット」をクリックしてください。

反転

三角△が並んだアイコンは「反転」機能です。
素材を左右、上下に反転させることができます。

背景の色

バケツのアイコンをクリックするとカラー一覧が表示され、細かく色を決めることができます。上部のグラデーションの画面でクリックして色を選んでもいいですし、下部の単色のカラーパレットからも選ぶことができます。
色を選ぶと、素材の下の背景色として適用されます。

前後の並び順

これらの4つ並んでいるアイコンは、キャンバス上に配置された素材や図形やテキストの重なり順を変えることができる機能になります。

例えば画像のように素材が2つ重なっており下に配置されているイラスト素材を写真素材の前面に移動させたい場合、イラストをクリックして選択し、左側の「前面へ」という表示がされるアイコンをクリックすると選択したイラスト素材が前面に移動します。

素材のサイズ

青い枠部分をクリックすると、プルダウンでその素材が販売されているサイズ一覧が表示され、サイズを選択することができます。

画像を削除する

一番右端の「削除」は文字通りクリックするとキャンバス上の素材が削除されます。

複数の素材がキャンバス上にある場合、削除したい素材をクリックで選択してから「削除ボタン」を押してください。何も選択せずに「削除ボタン」をクリックすると背景に設定している素材が消えます。

キャンバスに素材やテキストを追加する

次にキャンバスに素材やテキストを追加できる機能を見ていきましょう。 追加できる機能は左側のツールバーに並んでいます。

デザインテンプレート

一番上の「テンプレート」はデザインのテンプレートをキャンバスに追加することのできる機能です。

実際にクリックしてみるとアイコンの右側にデザインテンプレート一覧が表示されます。

デザインテンプレート一覧の上部のプルダウンをクリックすると、テンプレートのサイズを用途や媒体ごとに選ぶことができます。

デザインテンプレート一覧から任意のテンプレートをクリックすると、キャンバスにデザインテンプレートが表示されます。
※この際元々キャンバス上に配置されていた素材やテキストなど全てテンプレートによって上書きされてしまうので注意してください。

キャンバス上に表示されたテンプレートはテキストや画像など編集ができます。

素材を追加する

「画像」ではPIXTA内の素材を更に追加することができます。

「画像」をクリックするとアイコンの右側に検索窓と素材別選択、その下に検索結果の素材が表示されます。

追加したい素材をクリックすると「背景として設定」「画像を追加」の選択肢が現れます。
「背景として設定」をクリックすると現在背景としている素材が削除され、新しく選んだ素材が背景画像としてキャンバスに表示されます。
「画像を追加」を選択するとそのまま背景画像の上に新しく選んだ素材が配置されます。
※ 新しく選んだ素材がPNG素材だった場合、「背景が透明」か「背景に色あり」の選択もあります。ご自身のデザインに必要な状態の素材を選択してください。

上の画像は、「背景が透明」と「画像を追加」を選択した状態です。

図形を追加する

「図形」をクリックすると、アイコン右側にデザインに追加できる図形が一覧で現れます。

任意の図形をクリックするとキャンバス上に選択した図形が表示されます。
この追加した図形は大きさを変えることも回転させたり色を変えることもできます。

テキストを追加する

「テキスト」では名前の通りデザインにテキストやテキストテンプレートを追加することができます。

実際にクリックしてみるとアイコン右側に上部にノーマルな「見出し」と「テキスト」、その下にテキストテンプレートが表示されます。
ノーマルな「見出し」や「テキスト」をクリックすると、上の画像のようにキャンバスの中央にテキストが配置されます。この追加されたテキストも図形のように文字サイズや色などを編集することができます。

一方、下部にあるテキストテンプレートから任意のデザインを選択すると同じようにキャンバスに追加されます。
こちらもデザインテンプレートと同様に移動やテキスト・サイズの編集が可能です。

キャンバスサイズの変更

「キャンバスサイズ」ではデザイン作成の途中でもキャンバスサイズを変更できます。

「キャンバスサイズ」をクリックすると「カスタムサイズ」と「プリセットサイズ」の2つの項目が現れます。
「カスタムサイズ」では自由に必要なサイズを設定することができます。
一方で「プリセットサイズ」ではSNSの投稿や広告バナーなど媒体によって必要なサイズが初めから設定されています。

プリセットサイズより任意のサイズをクリックすると上の画像のようにキャンバスのサイズが変更されます。なお、この際素材のキャンバスからはみ出た部分は最終的にデザインとして表示されませんので注意してください。
上の画像では両脇の写真素材が白っぽくなっている部分がキャンバスからはみ出ている状態になります。

自分の持っている画像データをデザインに加える

一番下の「アップロード」ではPIXTA素材以外の画像データをデザインに追加することができます。

実際にクリックしてみるとアイコン右側にご自身のパソコンから画像をアップロードする機能が出現します。
ここから任意の画像データをアップロードしていただくと、 

上の画像のようにアップロードした画像が下部に表示されます。
アップロードした画像データのうち、デザインに追加したい画像をクリックして選択します。

そうすると「背景として設定」と「画像を追加」の選択肢が表示されます。
「背景として設定」をクリックすると現在背景としている素材が削除され、新しく選んだ素材が背景画像としてキャンバスに表示されます。
「画像を追加」を選択するとそのまま背景画像の上に新しく選んだ素材が配置されます。

上の画像は「画像を追加」を選択し、アップロードした画像データがデザインに反映された状態です。

作成した編集データの「状態」を管理する

最後に、みなさんがPIXTAエディターで作成したデザインデータを管理する機能を見ていきましょう。

ファイル名をつける

上部の「ファイル名:」の欄ではエディターで作成しているデザインデータ(ファイル)の名前をつけたり変更したりできます。
作成したデザインをダウンロードすると、ここでつけたファイル名でダウンロードされます。

ファイル名はデフォルトでは「無題」が設定されてます、上の画像はファイル名を「ビジネスイメージ」に変更した状態です。

デザインデータを保存する

作成したデザインを右上にある「保存」ボタンをクリックしてください。

保存したデザインは左側の「保存したデータ」から確認することができます。

「保存したデータ」をクリックすると今まで保存したデザインデータが現れ、任意のデータをクリックすると今のデザインから離れてクリックしたデザインデータが開きます。

デザインデータをダウンロードする

いよいよ自分の作成したデザインをダウンロードしていきます!
右上の「ダウンロード」ボタンよりデザインのダウンロードができます。
クリックすると、デザインで使用している素材をすでに購入しているか未購入かで導線が変わります。

まず、すでに素材を購入済みの方は「ダウンロード」ボタンを押すと上の画像のようにダウンロード画面が現れます。
PIXTAの利用規約、無料デザインテンプレート規約に同意した上で、下のオレンジ色のダウンロードボタンよりダウンロードを開始してください。
※ダウンロードされたデザインデータにはPIXTAの透かしは表示されませんのでご安心ください。

デザインで使用している素材が未購入の場合、ダウンロードボタンをクリックすると上の画像のように素材の購入方法の選択画面が現れます。
単品として購入するか、定額制プランを購入してから素材をダウンロードするのか任意の方法を選んでください。
※最終的にダウンロードされたデザインデータにはPIXTAの透かしは表示されませんのでご安心ください。

まとめ

PIXTAエディターは、ソフトやアプリのインストール不要で、PIXTAの写真・イラスト素材を、オンライン上で簡単に編集・加工できる無料のサービスです。
是非皆様の業務や日常生活で画像編集やデザインが必要になった場面で使っていただければと思います。

PIXTAエディターについてご感想やご意見・ご要望などございましたら、エディター右下のご意見BOXよりお願い致します!

早速PIXTA エディターを使ってデザインする方はこちらから!