PIXTA限定素材

写真素材: 信州安曇野の文化財 石仏 普寛・覚明像 善光寺街道の脇道で旅人の安全祈願

素材番号 : 26268314 全て表示

信州安曇野の文化財 石仏 普寛・覚明像 善光寺街道の脇道で旅人の安全祈願[26268314]の写真素材は、石像、石造、仏像のタグが含まれています。この素材はTakaさん(No.53054)の作品です。MサイズからXLサイズまで、US$15.00からPIXTA限定でご購入いただけます。無料の会員登録で、カンプ画像のダウンロードや画質の確認、検討中リストをご利用いただけます。 全て表示

信州安曇野の文化財 石仏 普寛・覚明像 善光寺街道の脇道で旅人の安全祈願 26268314

信州安曇野の文化財 石仏 普寛・覚明像 善光寺街道の脇道で旅人の安全祈願

※PIXTA限定素材とは、PIXTA本体、もしくはPIXTAと提携しているサイトでのみご購入いただける素材です。

S このサイズは販売しておりません JPG US$5.00
M
  • 1329 x 2000px
  • 11.3 x 16.9cm (300dpi)
JPG US$15.00
L
  • 2659 x 4000px
  • 22.5 x 33.9cm (300dpi)
JPG US$30.00
XL
  • 4000 x 6016px
  • 33.9 x 50.9cm (300dpi)
JPG US$50.00
Ex エクストラライセンスを追加 +US$30.00
合計(税込)

写真素材: 信州安曇野の文化財 石仏 普寛・覚明像 善光寺街道の脇道で旅人の安全祈願のタグ

作品コメント
普寛・覚明像は、長野県安曇野市の明科地区の篠ノ井線廃線敷遊歩道にある。普寛・覚明は木曽の御嶽山の参道を開いた行者である。旧篠ノ井線の漆久保トンネルの上の道は大昔の善光寺街道でここから四方の峠を越えて善光寺への道を辿ったという。この道を通過する旅人の安全を願って石像を祀ったと考えられている。普寛像の鼻が欠けているのは、国鉄篠ノ井線の工事の際、測量技師が鼻が邪魔だったためにゲンノウで欠いて見通しを良くしたためと伝えられている。(左が覚明、右が普寛)