PIXTA限定素材

写真素材: ヘビトンボの幼虫 孫太郎虫(まごたろうむし) 神経症の生薬として使われた

素材番号 : 25727010 全て表示

ヘビトンボの幼虫 孫太郎虫(まごたろうむし) 神経症の生薬として使われた[25727010]の写真素材は、孫太郎虫、まごたろうむし、マゴタロウムシのタグが含まれています。この素材はTakaさん(No.53054)の作品です。MサイズからXLサイズまで、US$15.00からPIXTA限定でご購入いただけます。無料の会員登録で、カンプ画像のダウンロードや画質の確認、検討中リストをご利用いただけます。 全て表示

ヘビトンボの幼虫 孫太郎虫(まごたろうむし) 神経症の生薬として使われた 25727010

ヘビトンボの幼虫 孫太郎虫(まごたろうむし) 神経症の生薬として使われた

※PIXTA限定素材とは、PIXTA本体、もしくはPIXTAと提携しているサイトでのみご購入いただける素材です。

S このサイズは販売しておりません JPG US$5.00
M
  • 1329 x 2000px
  • 11.3 x 16.9cm (300dpi)
JPG US$15.00
L
  • 2659 x 4000px
  • 22.5 x 33.9cm (300dpi)
JPG US$30.00
XL
  • 4000 x 6016px
  • 33.9 x 50.9cm (300dpi)
JPG US$50.00
Ex エクストラライセンスを追加 +US$30.00
合計(税込)

写真素材: ヘビトンボの幼虫 孫太郎虫(まごたろうむし) 神経症の生薬として使われたのタグ

作品コメント
孫太郎虫とは、ヘビトンボの幼虫で、生薬でもある。日本各地の清流に生息する6cm程度の水棲昆虫。顎の力が強く、噛まれるが毒性はない。古くより小児の疳(夜泣き、癇癪など神経症由来の症状)、肺病、胃腸疾患、強壮に効くと言われ、特に宮城県白石市産が有名であった。現在は需要低下により販売されていない。幼虫が一匹いると、周囲から他の水生昆虫がいなくなるともいわれ、その姿から川ムカデなどとも呼ばれる。