画像で検索

画像を使用して、類似したイメージを検索できます。

β版の機能です。

テンプレートカテゴリ一覧

介護

介護関連の
チラシ制作に役立つ特集記事

  • 介護施設(介護用品 · 老人ホーム等)向けチラシの作り方と写真活用のポイント

その他のカテゴリ一覧

無料テンプレートTOP

介護のチラシを簡単に作れる、チラシテンプレートのご紹介

24515393

4人に1人が高齢者と言われる現在の日本において、介護事業の必要性は日々高まってきています。
介護サービス事業者はチラシを作る機会が多くなってきたのではないでしょうか。
介護関連のチラシは利用者やその家族に対してより効果的に訴求できるチラシ作りが求められてきています。
今回は介護施設で使えるチラシ制作のポイントを説明します。

イベント集客チラシのテンプレート

24515206

「介護のチラシを作りたい」「どんなチラシを作ったらいいのかわからない」という人のために、ピクスタでは無料チラシテンプレートの提供をしています。
訪問介護やデイサービス、リハビリ型デイサービスのテンプレートや、介護スタッフを募集チラシなど、ご用途に応じたデザインが用意されているので、初心者の方はテンプレートを使用して制作するのはいかがでしょうか。

【介護サービスに関連したチラシテンプレート】

1017 介護施設の案内

介護の施設案内のテンプレートです。全体的にピンク色で柔らかい印象を与えるデザインになっています。
情報を自由に記入できる量が多いため、ご用途に合わせて柔軟に編集が可能です。

953 デイサービスの案内

デイサービスのご案内のデザインです。
地図を入れる箇所、サービスの特徴を3つ紹介できる箇所があるので、何を書けば良いのか分からない方におすすめです。

800 施設からのお知らせ

介護施設で使用できるニュースレター。
施設内での雰囲気やイベントなど、誰かに伝えたい内容があれば、こちらのテンプレートを使用して掲示してみてはいかがでしょうか?

介護サービス向けのチラシで使う写真の選び方

15527929

テンプレートを使用するにしても、ゼロから制作するにしても、効果的な販促物に欠かせないものは「写真」です。
チラシの写真は一番最初に目に入る箇所なため、「好印象」を持たれるイメージ写真を利用しましょう。

「介護」のイメージとしては、笑顔で暖かな雰囲気が伝わるものがオススメです。
実際の介護風景を撮影するときも、「笑顔」を意識することで暖かい雰囲気を演出できます。

しかし、撮影は手間がかかるため大変ですよね。そんなときは、あらかじめ撮影された写真が多数ストックされている、写真素材サービスを利用するのがオススメです。
PIXTAには介護向けのイメージ写真が豊富に撮り揃っています。チラシ用の写真やイラストで困った場合はぜひPIXTAで探してみて下さい。

「チラシと現物が違う・・・」と思われない?

21515424

しばしば、「現物を見たときに、写真と違ったとがっかりされないだろうか」という悩みを抱える人もいるかもしれません。
しかし、広告に使われている写真があまりにも雑であったり、魅力的でなかったりすれば、そもそも「現物を見よう」とさえ思ってもらえません。

もちろん、「ごまかし」や「嘘」は絶対にしてはいけませんが、「今ある状態をできる限り魅力的に見えるように写真を撮ること」は、むしろ広告やチラシを作るうえでは、とても大切な技術です。

後でも触れますが、年齢を重ねると、どうしても「文字」は読みにくくなります。
しかし、写真はそうではありません。人目を引き付け、時には100の言葉よりも多くのことを語る「写真」という媒体は、介護業界のチラシにおいては欠かすことのできないものなのです。

効果的なチラシの配色を考えることも必要

1385743

チラシにおいて、「写真」は非常に大きな役割を果たすことについては、今まで見てきた通りです。
つまり、写真を正しく活用すればするほど効果的なチラシになります。
もう一つ、「写真の活用方法」とあわせて考えたいのが、「色」です。

  • 施設やサービスのイメージカラーを選ぶのか?
  • 柔らかい印象を与える色を選ぶのか?
  • 写真とのバランスを考えて色を選ぶのか?

文字や背景などの色合いによって、受ける印象はすごく変わります。 「写真」と「配色」を考えて、チラシをデザインしましょう。

チラシのレイアウトは、読みやすさを重視して考えましょう。

20111398

最後にテキストについて説明します。
チラシに入れる情報は「読みやすさ」が重要です。
特に介護関連のチラシは、お客さんの中には、お年寄りの方もいますので、重要な情報を目立たせて「読みやすさ」を意識することは非常に大切です。

「読みやすさ」のポイントの一つは配色です。
例えば白い背景に黄色の文字だと両方明るいカラーなので見づらくなってしまいます。
このように重要なポイントを目立たせようと黄色を使っても、色の組わせによっては、逆に目立たなくなる場合もあります。

また、「文字の大きさ」も注意したいポイントです。
シニア層にチラシをお届けすることを考えると、大きめの文字でレイアウトすべきでしょう。

沢山の情報を書きたくて、文字のサイズを小さくされる方もいますが、詰めすぎは厳禁です。
文章が長いと最後まで読んでもらえず、結局何も伝わらないことがあります。
その場合は、本当に伝えたい情報だけ簡潔に書きましょう。

チラシを作るときは、サービスを検討する方の読みやすさを考えたデザインが重要です。

まとめ

介護系のチラシを作るときは、「写真」を活用して暖かい雰囲気を演出することが大切です。
また、文字などの情報は、「読みやすさ」を中心に考えて、背景色と文字色のバランス、文字の大きさを意識してデザインしてみましょう。