定額制プラン導入事例 trippiece様

マルチシートライセンスやAPIなど、PIXTAの定額制プランをご利用いただいているお客様のインタビューをご紹介いたします。

株式会社trippiece様

株式会社trippiece様

https://trippiece.com/

代表取締役
石田言行 様

旅行×インターネットの領域で、みんなで旅行に出かけるWebサービス「trippiece<トリッピース>」と日頃のおでかけから海外の秘境までの旅行など幅広く情報を取り揃えた旅行とおでかけのキュレーションサービス「RETRIP<リトリップ>」の2つの事業を運営、展開している。

PIXTAのAPIを選んだ理由は何ですか?

特に国内の風景画像の質と量を共に網羅しているところが決め手です。最初は一部の画像を撮りおろしなどで使用したり、他のストックサイトさんとも連携していましたが、PIXTAは国内の風景に関しての網羅性は最も高いという印象を受けました。
他社のサイトでは、海外の絶景は結構取り揃えられていますが、国内の風景画像は量が少ない上に、使える画像がなかなかありませんでした。もちろん海外の画像を使う際はありがたいのですが、どちらかというと国内の記事や企画、話題の方が多いので、国内の風景画像が多いPIXTAは非常に便利です。

実際に利用してみていかがですか?

初期の頃からAPIで繋ぎ利用しています。選定した画像をユーザーさんも使うことができるという点が便利ですね。他の会社さんとAPI連携しているところもあるようですが、料金体系を比較してもPIXTAは高額ではないです。また、フレキシブルにUIを作ることができる上に、写真の量と質が魅力的です。
利用開始して2年経つのですが、API連携前は、編集部が原稿作成や記事の編集を行う際に、画像を検索し、利用していました。ユーザー参加型コンテンツであるにも関わらず、ユーザー側が画像を使うことが難しかったんですよね。
APIを導入して、ユーザーさんも共通して素材を使えるようになったことは大きなメリットだと感じています。
また、記事広告を作る際にPIXTAの写真を使うこともあります。魅力的な写真が沢山あるため、使いやすく助かっております。

活用しているユーザーからの反応はいかがですか?

メディア記事を書いていただいているユーザーの中でも確実に権利周りがクリアな画像を使えるのは安心で便利だと言われていますね。
また天候に影響されて、ご自分で良い写真が撮れなかった時に、ストックフォトに使える画像があるのが助かるという声も聞かれます。読者の方にもきれいな写真の方が伝わりやすいですし、非常に重宝すると聞いています。

PIXTAへのご要望やご意見等ありますか?

僕らは風景だけではなくて、その周りで楽しめるカフェとかレストランも紹介するので、風景と建物が写っている素材があると助かりますね。投稿ユーザーさんは、料理の写真を撮っても店舗の外観を撮る方は少ないんです。需要が少ないかなとも思いますが(笑)。

株式会社trippiece様

株式会社trippiece様がご利用のプランは
チームで画像を使う方におすすめのPIXTA API

定額制サービスのご利用について