写真素材: 山野の花・ススキの根元に寄生して咲くナンバンキセルの花・横位置 全て表示

山野の花・ススキの根元に寄生して咲くナンバンキセルの花・横位置[8568492]の写真素材は、南蛮煙管、なんばんぎせる、ナンバンギセルのタグが含まれています。この素材はbunnbukuPさん(No.55645)の作品です。SサイズからLサイズまで、US$5.00からご購入いただけます。無料の会員登録で、カンプ画像のダウンロードや画質の確認、検討中リストをご利用いただけます。 全て表示

S
  • 640 x 425px
  • 22.6 x 15.0cm (72dpi)
JPG US$5.00
M
  • 2000 x 1329px
  • 16.9 x 11.3cm (300dpi)
JPG US$15.00
L
  • 3008 x 2000px
  • 25.5 x 16.9cm (300dpi)
JPG US$30.00
Ex エクストラライセンスを追加 +US$30.00
合計

写真素材: 山野の花・ススキの根元に寄生して咲くナンバンキセルの花・横位置のタグ

作品コメント
「道の辺の尾花が下の思い草今更々に何をか思はむ」万葉集中。「朽ちはつる尾花がもとの思い草はかなの野辺の露のよすがや」俊成卿女集。いずれもススキ(尾花)の根元に咲くしめやかな花で、失恋系の歌である。この「思い草」がナンバンギセルであるといわれている。時代が下り、信長辺りの時代に、南蛮人が煙草を吸う陶器製のパイプ(クレイパイプ)に因む名であるという。喉の腫れに効く薬効があるという。歌では多く「尾花」の根本になっているが、茗荷でもオカボでもイネ科であればお気に入りらしい。