PIXTA限定素材

写真素材: 信州 国宝 松本城 月見櫓(東面) 徳川家光をもてなす為に建造された赤い欄干が風雅な櫓 全て表示

信州 国宝 松本城 月見櫓(東面) 徳川家光をもてなす為に建造された赤い欄干が風雅な櫓[30962829]の写真素材は、松本城、月見櫓、国宝のタグが含まれています。この素材はTakaさん(No.53054)の作品です。MサイズからXLサイズまで、US$15.00からPIXTA限定でご購入いただけます。無料の会員登録で、カンプ画像のダウンロードや画質の確認、検討中リストをご利用いただけます。 全て表示

信州 国宝 松本城 月見櫓(東面) 徳川家光をもてなす為に建造された赤い欄干が風雅な櫓 30962829

信州 国宝 松本城 月見櫓(東面) 徳川家光をもてなす為に建造された赤い欄干が風雅な櫓

※PIXTA限定素材とは、PIXTA本体、もしくはPIXTAと提携しているサイトでのみご購入いただける素材です。

この商品の関連カテゴリ

S このサイズは販売しておりません JPG US$5.00
M
  • 2000 x 1329px
  • 16.9 x 11.3cm (300dpi)
JPG US$15.00
L
  • 4000 x 2659px
  • 33.9 x 22.5cm (300dpi)
JPG US$30.00
XL
  • 6016 x 4000px
  • 50.9 x 33.9cm (300dpi)
JPG US$50.00
Ex エクストラライセンスを追加 +US$30.00
合計

写真素材: 信州 国宝 松本城 月見櫓(東面) 徳川家光をもてなす為に建造された赤い欄干が風雅な櫓のタグ

作品コメント
松本城は長野県松本市にある城、現存12天守のひとつ。1590年に豊臣秀吉の家臣、石川数正によって築かれた。月見櫓は、1634年に増築された。徳川3代将軍、徳川家光の善光寺参詣の際に松本に立ち寄るという内意を受け、藩主であった松平直政が建てた。赤い欄干を配して風雅な雰囲気を持つ、戦闘機構を持たない建築となっている。大天守・辰巳附櫓・月見櫓のまとまりは複合式天守と呼ばれる。