PIXTA限定素材

写真素材: 工女宿宝来屋全景(松本市重要文化財) 女工哀史の宿泊所 松本市歴史の里 信州松

素材番号 : 19510981 全て表示

工女宿宝来屋全景(松本市重要文化財) 女工哀史の宿泊所 松本市歴史の里 信州松[19510981]の写真素材は、松本市歴史の里、歴史の里、れきしのさとのタグが含まれています。この素材はTakaさん(No.53054)の作品です。MサイズからXLサイズまで、US$15.00からPIXTA限定でご購入いただけます。無料の会員登録で、カンプ画像のダウンロードや画質の確認、検討中リストをご利用いただけます。 全て表示

工女宿宝来屋全景(松本市重要文化財) 女工哀史の宿泊所 松本市歴史の里 信州松 19510981

工女宿宝来屋全景(松本市重要文化財) 女工哀史の宿泊所 松本市歴史の里 信州松

※PIXTA限定素材とは、PIXTA本体、もしくはPIXTAと提携しているサイトでのみご購入いただける素材です。

S このサイズは販売しておりません JPG US$5.00
M
  • 2000 x 1329px
  • 16.9 x 11.3cm (300dpi)
JPG US$15.00
L
  • 4000 x 2659px
  • 33.9 x 22.5cm (300dpi)
JPG US$30.00
XL
  • 6016 x 4000px
  • 50.9 x 33.9cm (300dpi)
JPG US$50.00
Ex エクストラライセンスを追加 +US$30.00
合計(税込)

写真素材: 工女宿宝来屋全景(松本市重要文化財) 女工哀史の宿泊所 松本市歴史の里 信州松のタグ

作品コメント
松本市歴史の里は、長野県松本市が運営する松本市立博物館の分館である。江戸時代後期から大正時代末期までに建てられた5棟の文化財建造物を移築した、屋外博物館である。工女宿宝来屋は江戸時代後期、松本と飛騨高山を結ぶ野麦街道沿いの集落、旧奈川村川浦に、旅人宿として建てられたもの。明治から大正にかけて、富山・飛騨地方から諏訪・岡谷の製糸工場へ向かう工女たちが大勢宿泊した。山里の民家としての暮らしもうかがえる。1983年に移築された。木造平屋一部二階建、切妻造、妻入りで屋根は板葺(石置き)である。