PIXTA限定素材

写真素材: 信州 松本 重要文化財「牛伏寺」 仁王門と二頭の牛の像

素材番号 : 17153707 全て表示

信州 松本 重要文化財「牛伏寺」 仁王門と二頭の牛の像[17153707]の写真素材は、牛伏寺、蔵王権現、牛伏のタグが含まれています。この素材はTakaさん(No.53054)の作品です。MサイズからXLサイズまで、US$15.00からPIXTA限定でご購入いただけます。無料の会員登録で、カンプ画像のダウンロードや画質の確認、検討中リストをご利用いただけます。 全て表示

信州 松本 重要文化財「牛伏寺」 仁王門と二頭の牛の像 17153707

信州 松本 重要文化財「牛伏寺」 仁王門と二頭の牛の像

※PIXTA限定素材とは、PIXTA本体、もしくはPIXTAと提携しているサイトでのみご購入いただける素材です。

S このサイズは販売しておりません JPG US$5.00
M
  • 2000 x 1329px
  • 16.9 x 11.3cm (300dpi)
JPG US$15.00
L
  • 4000 x 2659px
  • 33.9 x 22.5cm (300dpi)
JPG US$30.00
XL
  • 6016 x 4000px
  • 50.9 x 33.9cm (300dpi)
JPG US$50.00
Ex エクストラライセンスを追加 +US$30.00
合計(税込)
無料編集ツールで開く

無料編集ツールを使うと、
素材の購入前でも画像の編集・加工を
試すことが可能です。
詳しくはこちら

写真素材: 信州 松本 重要文化財「牛伏寺」 仁王門と二頭の牛の像のタグ

作品コメント
牛伏寺(ごふくじ)は、長野県松本市にある真言宗の寺院。山号は金峯山(きんぽうざん)、本尊は十一面観音。鉢伏山中腹にあり、長野県下で屈指の規模と文化財を誇る。寺伝では聖徳太子が刻んだ観音像を本尊としたのが始まりという。寺名については、756年に唐からもたらされた大般若経600巻を善光寺へ奉納する途中、経典を運んでいた2頭の牛が倒れたことから「牛伏寺」の名が付いたという。参道に建つ牛堂には2頭の牛が祀られている。1612年に堂宇が焼失、現存する建物は再建である。信濃三十三観音霊場27番、重要文化財。