PIXTA限定素材

写真素材: 「蚕種渡来之地」の石碑(忌宮神社/山口県下関市長府宮の内町)

素材番号 : 12128893 全て表示

「蚕種渡来之地」の石碑(忌宮神社/山口県下関市長府宮の内町)[12128893]の写真素材は、蚕種渡来之地、蚕種渡来、石碑のタグが含まれています。この素材はskipinofさん(No.71500)の作品です。SサイズからXLサイズまで、US$5.00からPIXTA限定でご購入いただけます。無料の会員登録で、カンプ画像のダウンロードや画質の確認、検討中リストをご利用いただけます。 全て表示

「蚕種渡来之地」の石碑(忌宮神社/山口県下関市長府宮の内町) 12128893

「蚕種渡来之地」の石碑(忌宮神社/山口県下関市長府宮の内町)

※PIXTA限定素材とは、PIXTA本体、もしくはPIXTAと提携しているサイトでのみご購入いただける素材です。

S
  • 425 x 640px
  • 15.0 x 22.6cm (72dpi)
JPG US$5.00
M
  • 1329 x 2000px
  • 11.3 x 16.9cm (300dpi)
JPG US$15.00
L
  • 2658 x 4000px
  • 22.5 x 33.9cm (300dpi)
JPG US$30.00
XL
  • 3678 x 5533px
  • 31.1 x 46.8cm (300dpi)
JPG US$50.00
Ex エクストラライセンスを追加 +US$30.00
合計(税込)

写真素材: 「蚕種渡来之地」の石碑(忌宮神社/山口県下関市長府宮の内町)のタグ

作品コメント
山口県下関市長府宮の内町にある忌宮神社の境内で撮影。忌宮神社は14代仲哀天皇が熊襲の平定の為に西下し、193年から7年間滞在した仮の皇居「豊浦宮」跡と伝わる。約1800年の昔、秦の始皇帝11世の子孫・功満王(こまおう)が来朝帰化して豊浦宮に滞在中の仲哀天皇に蚕種(蚕の卵)を 献上したのが、わが国養蚕の始まりと伝えられる。この記念碑は、生糸輸出が最も盛んだった1933年に養蚕関係者によって建立された。(撮影日/2013年9月4日)