クリエイターインタビュー:OZYU

»クリエイターインタビュートップへ

OZYU(会社員)

OZYUさんについて教えてください

川崎に住むサラリーマンです。趣味で写真を撮っています。PIXTAには1年くらい前に登録をしました。

写真に興味をもったのはいつ頃なのですか

子どものころからカメラが身近なところにありました。父親が特派員をしていて海外からカメラを持ち帰っていたようなのです。おもちゃ代わりにカメラをいじっていて、小さいころに自分で撮った写真が残っています。初めて使ったのが6×6(ロクロク)のモノクロのフィルムだったりするんです。今考えればすごいことですね。 それで、家にあるカメラを使っていろいろなものを撮っていました。

カメラが身近な環境にあったということなのですが、カメラをご自身で買われたのはいつごろのことか覚えていらっしゃいますか

大学生のころです。初めて購入したのはキャノンのAE-1プログラムでした。夏休みにアルバイトをして購入したのを覚えています。そのころには写真への興味もだいぶ大きくなっていましたね。

OZYUさんは「人」を題材にしていることが多いと思うのですが、そのころから「人」を撮っていたのですか

そうですね。カメラを買ったのも仲間を写真で残したいと思ったからなのです。
仲間がサッカーをしていて、その姿を残しておきたいと思っていました。サッカーに夢中になる仲間の表情がよかったのです。卒業をすれば、いずれはバラバラになってしまいますし、学生のサッカークラブですから、誰かに写真を撮ってもらう機会も少ないですよね。ですから何かの形で残したいと思いました。気がついてみれば、昔から「人」の表情ばかりを撮っていましたね。

「人」を撮るきっかけは何かあったのでしょうか

特にこれといったきっかけは思い当たらないのですが、何をしていても「人」っていい表情をしますよね。動きがあるというか。 風景の写真はあまり得意ではない、ということがあるのかもしれません。例えばですけれど、富士山の近くに住んでいて、富士山のいろいろな表情を撮れるのであればおもしろいのかもしれませんが、そういう環境でもないですから、やっぱり身近にある「人」の表情に魅力を感じます。

ご友人の他にはどんな「人」の表情を撮ってこられたのですか

実は20年前くらいから2つのテーマを持って写真を撮ってきました。 1つは「東京の下町」、もう1つが「山村の祖父母たち」です。会社に入りたてのころは、週末も時間があったので、毎週のようにカメラをもって群馬や埼玉の山奥に行って手当たりしだいに写真を撮っていました。

あのころは、ちょっと出かけていくと草葺の家があったりして、山村の風景が残っていたんです。そこに住む人々にお願いをしてお宅にお邪魔させてもらうこともありました。

2つのテーマはなぜ生まれたのですか

知り合いに、「人」の写真を撮っている方がいたんです。今では大先生と呼んでいる方で、その方の写真をみて自分もそんな写真を撮ってみたいと強烈に思ったのです。その大先生の写真のテーマが、この2つだったのです。

その方とはどのようにお知り合いになったのですか

なんのことはない、カメラ屋のおやじさんです。そのお店でカメラやレンズを買っていて、仲がよくなりました。話をしていくうちに、おやじさんも写真を撮っていることがわかり「見せてくれ」と頼んだのですが、なかなか見せてくれないのですよ。そのうちに雨の日の祭日だったら人が少なくて大丈夫そうだということがわかりまして、冗談半分で雨の日の祭日に、「今日こそ見せてくれよ」と言ってみました。渋々見せてくれたのですが、正直なところ、そのときに衝撃が走りました。もともと「人」の写真が好きだったことも手伝って「これだ!」と思いました。

ではそれからはずっと「人」を撮られているんですね

そうですね、テーマは変わっていないですね。けれども、最近は山村の風景も変わってきましたし、「人」を撮るのが難しくなってきているので困ってしまいますね。

撮った写真は、撮られた方にお見せするのですか

田舎のおじいちゃんやおばあちゃんに「こんな感じで撮れたよ」といいながら、写真を実際に持っていったこともあるんです。喜んでくれて、帰りにはバッグいっぱいに、季節の果物や野菜を詰め込んで帰ってきたこともありました。それが楽しくて通っていたようなところもあるかもしれませんね。

PIXTAに投稿されている写真は、女性の様々な表情が投稿されていますが、とてもいい表情をしていますよね

彼女たちとは比較的仲良くなってから撮りはじめたので、いい表情が撮れているのかもしれません。私の「写真で残したい」という思いと、彼女たちの「撮られたい」という思いがうまく重なって、今ではお互いに楽しみながら撮影することができているので、それが写真にでているのかもしれないですね。

OZYUさんの写真はとても表情がきれいだと思うのですが、「人」の表情を撮るときに気をつけていることを教えてもらえますか

一番気をつけるのは、「しゃべりまくる」ということでしょうか。黙って撮っていると嫌がられるときもあります。他愛もないことでも、しゃべることで相手のことを知ることができますし、いい表情が引き出せますね。

あとは、背景があまりうるさくなり過ぎないような場所を選びます。表情を生かしたいという思いがあるので、それを邪魔しない場所を意識しますね。けれども、背景が全くわからないとそれもおもしろくないので、写真をみたときに「いい写真撮れたな」と思えるような場所や構図を心がけています。

これから撮ってみたい写真はありますか

今撮っている彼女たちを撮りたいですね。将来結婚して、子どもさんを抱いている写真を撮れたらいいなと思っているんです。

写真は趣味で続けていらしたようですが、PIXTAに登録をしたのはいつごろからなのですか

おそらく1年くらい前からだと思います。

登録するには何かきっかけはあったのでしょうか

知り合いのカメラマンの方に「こういうのがあるよ」と教えてもらいました。そのときには、すでに彼女たちの写真が何枚かあったので、それらを軽い感じで投稿してみたのがきっかけです。

PIXTAに登録してから変わったことはありますか

工夫するようになりましたね。ただ撮っているのではなくて、意識をして余白をつくってみたり、女性を撮るときにも顔を映さなかったり、自分の好きな構図だけではなくてちょっと変化させるようになりました。

PIXTAに投稿をはじめて、すぐに反応があったのでしょうか

いいえ、はじめはあまり反応もなかったのですが、いろいろな方が投稿している写真を見て楽しんでいました。去年の年末くらいからでしょうか、ポツポツと売れ始めて驚いていたくらいです。

写真のセレクトで気をつけていることはあるのですか

はじめは、何でもかんでも投稿していたと思います。けれども、自分の写真が何枚か並んでいくうちに同じようなものが続いてもおもしろくないなと思いました。そこで途中から意識をして出し方を変えたというのもありますね。

タグは何か意識をしてつけていますか

最初はわからなかったのですが、なんとなくやっているうちに、自動的にタグを提案してくれることがわかってそれに任せてつけています。あまり深く考えてはいなかったです。 タグを勝手に提案してくれるようなシステムが、気軽に始められた理由でもありますね。加えて言うと、プロでなくても受け入れてもらえる気がしました。

どんなときにPIXTAのHPを見ているのでしょうか

撮影を行く前にヒントをもらうために見るときがあります。PIXTAには上手なクリエイターの方が大勢いらっしゃるので、構図の勉強をさせてもらったり、イメージを創りあげるのに使わせてもらっています。写真を見ているだけでも楽しいですよ。本当に完成度が高い写真も多いです。その分、自信を失ってしまいそうなときもありますけどね。

PIXTAのいいところを教えてください

求められている写真のヒントをもらえるところがいいです。それもHPがみやすくてわかりやすいです。例えば母の日などイベントが近づけば教えてくれますし、売れている写真の情報が載っているので、今求められている写真の傾向を、楽しみながら知ることができます。

一番僕が好きなのは、HPそのもので写真を楽しめるというところかな。皆さんが評価をしたり評価してもらったりと、写真を閲覧するだけではないところがいいです。ただ単にお金儲けみたいなサイトではないですし、写真好きが集まっている気がしますね。

それに、自分の写真が売れるというのはもちろんうれしいです。自分の作品ですから、誰かに見てもらいたいという気持ちはありますよね。値段が高い安いではなくて、何かしらの評価を、お金というある意味わかりやすいかたちで評価してもらえるのはうれしいです。コンテストとはまた違ったおもしろさがあります。

PIXTAに期待することはありますか

私のような一般の人たちが写真を楽しめるような場を創りあげてもらいたいと思います。冗談のように聞こえるかもしれませんが、どうしても写真を撮っているとちょっと変なおじさんに見られてしまうことがあるのです。でもそうではなくて、純粋に「いい写真ってたくさんあるんだよ」ということを伝えてもらえるとうれしいです。PIXTAって「写真は楽しいものだよ」ということを発信できる場所ではないかと思うのです。 カメラの精度もよくなっていますし、指先一つでだれでも何かを表現できるのが写真だと思います。何かを表現するということがその人の自信や幸せにつながるといいですよね。そんな思いを広めてもらえるといいと思います。そうすることでもっといい写真が集まってくると思います。

今、PIXTAに登録してみようかなと思っている方にメッセージをお願いします

楽しんで撮っている写真が、評価される場ができることでより楽しくなると思います。是非やってみてはいかがですかと伝えたいですね。

お忙しいところ、ありがとうございました。

今回ご紹介しているクリエイター

OZYU

OZYU
»https://pixta.jp/@prof2918/

pagetop