【 FastLabel × PIXTA 】共催セミナー開催のお知らせ

国内産業におけるAI活用が進む中、AIプロジェクトの約80%は学習データの整備とラベリング(アノテーション)に費やされていると言われています。精度の高いAIをスピーディーに実現するために高品質な学習データが重要ですが、学習用データの収集方法や、アノテーションルールの整備、アノテーション作業の効率化等が課題となるケースも多くあります。

本セミナーにおいては、写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイスを手がけるピクスタ社とアノテーションプラットフォームを開発、提供するFastLabel社が、機械学習のための効率的なデータ収集/生成、および高品質で低コストなアノテーションを実現するための手法についてご紹介いたします。また、機械学習を行う際必ず考慮しなければならない画像の権利問題についても、合わせて解説をいたします。

▼お申し込みはこちらから!

登壇企業紹介

FastLabel株式会社』 AIデータプラットフォーム『FastLabel』を開発・提供
PIXTAロゴ『ピクスタ株式会社』 日本最大級のストックフォトサービス「PIXTA」を展開

写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイスを手がけるピクスタ社とアノテーションプラットフォームを開発、提供するFastLabel社が、機械学習のための効率的なデータ収集/生成、および高品質で低コストなアノテーションを実現するための手法についてご紹介いたします。

お気軽にご参加ください。

こんな方におすすめです

  • AIプロジェクトを効率的に進めていきたいと考えている方
  • データ収集に課題を持っている方
  • AIに活用するデータの権利の扱いについて興味のある方

オンラインセミナー概要

【開催日時】

日付:7月22日(金)16:00〜17:00

参加費:無料

会場:Zoomを使ったオンライン説明会

※説明会の参加URLはお申し込み後、別途メールにてご案内いたします。

お申し込みやセミナーの内容に関してご質問がございましたら

下記宛にお気軽にお問い合せください。

ピクスタ株式会社 / カスタマーサクセス部

sales@pixta.co.jp(担当:野口・福本)