【ストックイラスト初心者向け】はじめての手描きストックイラスト《レタッチ~アップロード編》

ストックイラスト初心者の方向け「はじめての手描きストックイラスト」第3弾・最終回です。

描き始めから順に追って参りましたが、いよいよ総仕上げ!
レタッチからPIXTAへのアップロードまで、それぞれのポイントを最後まで一気に紹介いたします!

こちらのストックイラスト初心者向け記事、全3回でお届けしています。
» 第1回【ストックイラスト初心者向け】はじめての手描きストックイラスト《描いてみる編》
» 第2回【ストックイラスト初心者向け】はじめての手描きストックイラスト《データ化編》

《基本的なレタッチの方法紹介》

今回レタッチに使用する画像はこちら。

前回までの注意点を元にデータ化した手描きイラストです。

今回はGIMPというフリーソフトを使ってレタッチしてみます。
他にもパソコンに入っているペイントソフトを使ってもある程度のレタッチは出来ますし、
さらに上級者の方はAdobe Photoshop(有償)などを使ってみてもいいかもしれませんね。
作業中はこま目にファイルを保存するようにしてください。

※フリーソフトのご利用につきましては、ご自身のご判断、責任でお願いいたします。

《レタッチに便利なフリーソフト》
  無料ソフトgimp (英語サイト)

1.レタッチする箇所を見つける。


まずはデータ化した画像をじっくり見て、レタッチする箇所を探しましょう。
大きく分けて下記の3点に注意してください。

 1.スキャンの時点で消せなかった汚れなどが無いか
 2.紙の端の部分は残っていないか
 3.余白はちゃんととれているか

では実際にレタッチ作業をしてみます。

2.レイヤーの準備をする


まずはスキャンした画像をgimpで開きます。

元の画像を直接修正してしまうと、元に戻せなくて困ってしまうことがあります。
なので新しく「レイヤーを追加」して、そのレイヤーを修正をします。

また、位置調整をするとき楽なように、作成したレイヤーは元画像とリンクさせます。
右図の鎖マーク部分をクリックすると、リンクさせることが出来ます。




画像をクリックで拡大。

3.スキャンの時点で消せなかった汚れなどを消す


元画像レイヤーを選択
→描画色を背景部分の色にする
→ブラシツールで柔らかめのものを選択
→レタッチ用レイヤーを選択し汚れの上から塗る




画像をクリックで拡大。

4.紙の端の部分を消す


→選択ツールで、画面の端から紙内側までを選択
→ブレンドツールを選択し、「描画色から透明」に設定

※このとき、描画色は背景と同じ色にしてください!

→選択範囲内をグラデーションで塗る
→4辺に同じ作業をする




画像をクリックで拡大。

5.余白を調整する


画像をクリックで拡大。



→画像
→キャンバスサイズの変更
→余白の調整を行うため、キャンバスサイズを調整します。
  ※今回は元画像サイズより大きい110%に設定しました。





→移動ツールで、対象のレイヤーをドラッグして移動します。




→トリミングで画像の大きさの調整

※画像自体の拡大・縮小はやめましょう。画像が荒れる原因になります。

これで基本的なレタッチは完了です。

最後にもう一度確認をしましょう。以下の点に注意してよーく見なおしてください!

  • 汚れや紙の端が残っていないか
  • 背景がちゃんと白く飛んでいるか
  • 大事なところまで消してしまっていないか

こちらの記事も参考にしてください!

» 基礎知識 レタッチの重要性
» フリーソフトを試してみよう

《アップロードの前に》

レタッチも無事完了し、イラストの準備は整いましたね!
最後にPIXTAにアップロードすることで、販売準備も完了します。
アップロード前に2つのポイントを確認してみましょう。

1.ミスが無いかもう一度確認


アップロード前の最後のチャンスです。
しっかり確認してスムーズに販売できるようにしましょう。
その際、実寸表示や拡大をして細かく見るのが大切です。
完成してから1日程度、冷却期間を取ってから見てみるのもオススメです。
作業している時は気づかなかった些細なミスを、より客観的に発見できるようになりますよ。

こちらの記事も参考にしてください!

» ストックイラストクリエイターに多い!うっかりミスBEST5
» 審査スタッフたちに聞いた~ストックイラスト作品のNGあるある~

更に以下のガイドラインをもう一度良く読んで、規約・要件から外れてはいないかの確認をすることも大事です。
» 写真・イラスト素材ガイドライン

また、「反転」には気をつけてください。
イラストのバリエーションを増やす為に反転を利用する方も居ますが、イラストに文字を入れていた場合反転文字になってしまいます。
反転文字は、特別な意図が無い限り、審査NGになってしまうこともありますよ!

2.タグ付けはしっかり考えて!


PIXTAに登録されている素材には、「タグ」と呼ばれる検索用キーワードが設定されています。
この「タグ」が1つも無い、または検索されないようなキーワードを設定してしまっていると、登録はされているにも関わらずいざ購入者が検索しようにも出てこないのです。
どんなに素晴らしい素材でも、検索で表示されなければ購入される確率は0%…今までの努力が水の泡になってしまうのは避けたいところ。

タグ付けは売上に繋がる重要なポイントになりますので以下のリンクを参考にしながらしっかり考えて、購入者の目に留まるように工夫してみましょう。

ちなみに今回作成したイラストにはこんなタグを入れてみました。

こちらの記事も参考にしてください!

» タグ付けについて
» “購入者目線”でわかる!! 自分の作品が検索されやすくなるタグ
» 入れないと損!忘れがちな5つの重要タグ
» 本当にあった!? タグ付けの怖い話
» こんなタグ付けは残念!

まとめ

3回に渡りお届けしてきた「はじめての手描きストックイラスト」、いかがでしたでしょうか?
はじめてのストックイラストに二の足を踏んでいたあなたも、ここまで読んでいただけたなら、ストック素材における基本的な作法を理解していただけたかと思います。
きっと、はじめての手描きストックイラストをスムーズに登録・販売できることでしょう。

皆様の素敵なイラストをお待ちしております!

併せて下記の記事もチェック!!!

» アップロードと審査申請の手順(写真・イラスト)
»  【まずはこれをチェック】売れるコツのまとめ!

【ストックイラスト初心者向け】はじめての手描きストックイラスト
» 第2回【ストックイラスト初心者向け】はじめての手描きストックイラスト《データ化編》
» 第3回【ストックイラスト初心者向け】はじめての手描きストックイラスト《レタッチ~アップロード編》