YouTubeに音楽素材を利用できますか?【単品購入】

PIXTAでご購入いただいた音素材はYouTubeにアップロードする動画にもご利用いただけます。
ただ、YouTubeに動画をアップロードした際にBGMや歌もの楽曲が原因でYouTube側から「コンテンツに対して著作権侵害の申し立てが行われました」というアラートが出てしまう場合があります。
(対象は楽曲となります。効果音の使用で発生することはありません。)

その場合は大変お手数をおかけいたしますが、以下に記載する手順でYouTubeのサイト上で異議申し立てのお手続きをお願いいたします。

アラートが出ている状態でも動画が閲覧できなくなることは基本的にはありませんが、広告収入を目的とした用途の場合、一時的に収益化ができなくなる場合があります。

異議申し立てを行う方法

  1. YouTube アカウントにログインします。
  2. 画面右上のアカウント アイコン > [クリエイター ツール] をクリックします。
  3. 画面左側で [動画の管理] > [著作権情報] をクリックします。
  4. 異議申し立てを行いたい動画の横にある©記号をクリックします。すると、動画の中のどの要素に対して誰が申し立てをしているのか、情報を確認できるページに移動します。
  5. [異議を申し立てる] をクリックします。
  6. 「正当な権利所有者からこのコンテンツを使用するライセンスまたは許可を得ています。」を選択します。
    理由の選択イメージ画像
    理由の選択イメージ画像
  7. 「異議申し立ての理由」の入力項目に以下の文章をご記載いただき、チェックボックスにチェックを入れてください。

該当音源はPIXTA( https://pixta.jp/ )から購入し、使用に関する正式なライセンスを所有しております。確認が必要な場合にはピクスタ株式会社( https://pixta.jp/contacts )までお問い合せください。

異議申し立ての理由

異議申し立てを行った後

異議申し立てを行った場合には、その時点で動画に対するアラートは一時的に解除されます。ただし、異議申し立てについて権利者が承認をしないと動画の収益化がされません。

通常は数日程度で承認がなされますが、時間がかかる場合にはピクスタ株式会社までお問い合せください。ピクスタ株式会社より権利者へ承認を行っていただくよう催促をいたします。

異議申し立てが解決し次第、お客様の動画に収益が支払われます。

本件の原因について

この現象が発生するのは、PIXTAにて音素材を販売しているクリエイターが、他社のサービスを通じてYouTubeのContent IDに作品を登録している場合に発生いたします。

PIXTAでご購入いただいた音素材は利用規約のとおり、購入者に対して正式な使用ライセンスを提供しておりますが、YouTubeの仕様により機械的に判定してしまうためこのような現象が発生してしまいます。

お手数をおかけいたしますがご理解いただきますようお願いいたします。

参考サイト

本件についてさらに情報を得る場合には以下のサイトをご参照ください。

Content ID に関する申し立てに異議を申し立てる(YouTube)
https://support.google.com/youtube/answer/2797454

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった