被写体の権利はクリアになっていますか?【単品購入】【定額制】

被写体の権利について

素材の被写体として個人が特定できる状態で写った人物が含まれる場合、その人物の肖像権を考慮する必要があります。 当社では、そのような人物を含む素材については、原則として、素材の投稿者であるクリエイターに対してモデルリリース(肖像権使用許諾書)の取得及び当社への提出を義務づけており、素材に関する「詳細ページ」に「モデルリリース:取得済み」と明示されているものは、モデルリリースの取得が確認できているものです。

その他、被写体に第三者が権利を有する建物・敷地や、ペット、アート作品などが含まれる場合に、その被写体の権利保有者にストック素材としての販売許可を取得するためのプロパティリリースという書類もあります。 当社は上記のような素材の被写体の権利を保有しておらず、すべての素材について権利確認はできておりません(モデルリリース・プロパティリリース取得済の素材を除く)。

権利者の許可を必要とするかどうかについては、各素材の内容やご使用用途によっても異なるため、使用者の方の責任でご判断の上、ご使用ください。 許可が必要と判断されたら、使用用途を明らかにしたうえでご自身で被写体に確認をお願いいたします。 被写体への確認については素材のご購入前にされることをおすすめいたします。

「取得済」の表示がないものについては、権利の保有者は管理者からの使用許諾が得られているか否かは完全に確認できていません(素材の内容によっては許諾を必要としないものもあります)。必要に応じて権利の保有者又は管理者に確認を取っていただくなど、素材のご使用に際しては十分にご注意ください。

なお、当社では使用許可の取得代行は行なっておりませんのでご了承ください。

モデルリリース、プロパティリリースについて詳しくは下記をご参照ください。

モデルリリースとは

モデルリリースとは写真の被写体が「個人を特定できる人物」の場合、肖像権を持つ被写体に写真の使用を同意してもらう肖像権使用許諾書のことです。
素材の詳細ページで、「モデルリリース取得済」と表示されているものは許諾を得ていますので、利用規約の範囲内で安全にご使用いただくことができます。

「モデルリリース取得済」の表示がないが、個人が特定可能な人物が写っている素材の場合は、肖像権の保有者又は管理者からの使用許諾が得られているか否かは完全に確認できていません。
使用方法によっては、肖像権を侵害しない形で問題なくご利用いただける場合もあります(例:雑踏の写真で、個人が特定できないようボカシを入れる・足元のみをトリミングして使うなど)ので、ご利用者様の方で慎重な判断、ご配慮をお願いいたします。

[注意]モデルリリース取得の有無に関わらず、被写体の人物の不利・不評につながるような使用、被写体の人物が別の特定の人物であるかのように見せる使用は利用規約で禁止されています。

プロパティリリースとは

プロパティリリースとは、特定の建物・施設や、アート作品、ペット等、【第三者が所有・管理し、又はその権利を保有する被写体】が含まれる場合、その被写体の権利者にストック素材としての販売を許諾してもらう書類のことです。

被写体が法的に保護されているものの場合、もしくは明確な法律で保護されていなくても所有者によって管理されているものの場合、被写体の内容・ご使用用途によっては、許可を得ずに使用することでクレームなどのトラブルに繋がる可能性があります。
こういった被写体については、風景やシーンの一部として写り込んでいる程度であれば使用許可を必要としないとする見方が一般的ですが、メインの被写体として含まれている場合には、事前に使用用途を明らかにした上で、被写体の権利の保有者、管理者に使用の許諾を得ていただくことをお勧めいたします。
なお、撮影時にプロパティリリースがすでに取得されていた場合、素材詳細画面のコメントにその旨が記載されているケースもございます。

この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった