タグ付けの不備により審査でリジェクトとなってしまいました。どこを修正したらよいかおしえてもらえますか?

PIXTAでは、作品ごとに付けられたタグの審査を行っております。
不適切なタグが多数付けられている場合など、タグ付けの不備により審査でリジェクトとなる可能性がありますのでご注意ください。

タグ不備で販売停止となった場合、タグの付け直しなどはできません。再度アップロードからやり直していただくこととなります。
その場合新しい作品として審査もはじめから受けなおしていただく形となります。 また、タグ付けの適切さやリジェクトの枚数は、付けられるタグの個数やアップロード制限枚数に影響しますのでご注意ください。
なお、定期的に作品の見直しを行っているため、一度販売開始した素材でもリジェクトとなることもあります。検索結果の精度向上のため、あらかじめご理解・ご了承ください。

タグでリジェクトになる理由の多くは、
・無関係、発想が飛躍しすぎたタグが多数付けられている
(特に一括タグ付けを行った際に、個別の作品でタグの見直しをしておらず、リジェクトとなるケースが見受けられます。タグは作品1つ1つ確認を行ってください)

・必要なタグが付けられていない
[例]犬(チワワ)を撮った写真に「動物」としかタグが付けられていない、犬種(チワワ)というタグがない、など。
特に多数登録されているテーマの写真(ペット、植物、風景など)に関しては、具体的な名称までの記載がない場合、審査でリジェクトになる可能性が高くなりますのでご注意ください。

のどちらかが大半を占めます。
タグの付け方など詳しくは、タグ付けについてをご覧ください。

なお、タグ付けの修正箇所など個別のご質問にはお答えしておりませんのでご了承ください。
この記事は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった