[リジェクト理由]モデルリリースに不備がある、あるいは適切なモデルリリースの申請がありません。

FAQ

この記事は 約3分 で読めます
モデルリリース申請書の内容に不備がある、あるいは被写体の人数分のモデルリリースが適切に申請されていない場合には素材の販売を行うことができません。

※販売中の素材がNGとなった方へ: 販売中の素材についてもモデルリリースの見直しを行ない、リリースが必要だが取得できていない素材については販売停止とさせていただいております。

モデルリリース申請書類の内容に不備がある場合、「マイページ」(要ログイン)→「登録済みの作品」→「モデルリリース一覧」の「不備があったリリース」に表示されますので、改めて適切な書類をアップロードしてください。
「不備があったリリース」に表示されていない場合には、作品に含まれる被写体の人数と申請されたモデルリリース書類の枚数が一致していない可能性があります。作品の内容を今一度ご確認のうえ、個人が特定できる全ての人物のモデルリリースを取得・提出してください。

適切な書類を添えて再度審査申請を希望される方は、モデルリリース申請書類の内容に不備がありNGとなった作品に正しいモデルリリースを紐付けて再度審査申請してください。

 【ワンポイントアドバイス】

  • モデルリリース書類に記載漏れなどの不備がないように確認してからモデルリリース申請を行ってください。
  • モデルリリース書類は、個人が特定できる状態で写っている人物の人数分の書類が必要です。
  • 被写体が撮影者自身であったり、家族や親しい友人であっても、販売を行うためにはモデルリリース申請は必須となります。
  • 街中の看板などに人物が写り込んでいる場合でも、個人が特定できる状態で写っていれば、モデルリリース無しで販売することはできません。
  • 実在の人物をモデルとしており、見てその人と特定できるイラストは、モデルリリース無しでは登録できません。

 

【サイト内関連リンク】
モデルリリースについて

 

この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ