[リジェクト理由]ストック写真として登録されませんでした。

この記事は 約3分 で読めます
技術面、内容のいずれかもしくは両方について、ストック素材としての利用が難しいと判断されました。

 【ワンポイントアドバイス】

■企画

  • PIXTAの売れ筋や、身の回りの広告・記事でどのようなイメージが使用されているかチェックする。
  • まだPIXTAに登録されていない被写体やテーマの分析を行う。
  • テーマやコンセプトをしっかり決めた上で撮影を行う。

 

■撮影

  • 被写体やテーマに適した明るさや色味で撮影を行う。
  • 被写体だけでなく、周りに不要なものがないかどうか注意して撮影を行う。
  • 撮影した写真がどんな広告に利用されるのかイメージしながら撮影する。

 

■アップロード前の確認

  • アップロードの前に必ず100%のサイズで作品を確認する。
  • 不要な写りこみやゴミ・ホコリなどはレタッチソフト等で修正する。
  • タイトルやタグには適切なキーワードをつけ、誤字脱字に気をつける。

 

【参考リンク】
PIXTA 売れ筋ランキング
売れやすい素材、リジェクトになりやすい素材

 

 【PIXTAでは登録できないテーマ・内容】

  • メインの被写体やテーマのわかりづらいもの
  • ライティング、露出、ホワイトバランスが適切ではないもの
  • メインの被写体にピントがあっていないもの
  • 動きのあるテーマではないのに、被写体がブレているもの
  • ランドマークや商社ビル、広告看板をメインに撮影したもの
  • 車のナンバーや個人情報が判別できるもの
  • 自身の著作物ではないものがメインに写っているもの
  • 著作権の切れていない芸術品やアート作品をメインに撮影したもの
  • 著作権者や権利保有者から販売停止申請のあったもの
  • 書籍(漫画、小説、図鑑など)をメインに撮影したもの
  • 紙幣を複写的に撮影されたもの
  • 赤十字のマーク、その他標章・商標等をメインに撮影または表現しているもの
  • 子供を含む人物の裸を撮影したもの
  • 被写体が著しく汚れている、テーマに即していない汚れが付着しているもの
  • 半目など、被写体がテーマに合っていない表情をしているもの
  • 背景、被写体の衣服などに有名なキャラクターがついているもの
  • 撮影台やモデルの衣服に付着したホコリやゴミ等が目立つもの
  • 事故や火災現場等の写真で、被災者が判別できるようなもの
  • 特定の対象を誹謗中傷していると見受けられるもの
  • 落書き・廃屋などの権利保持者が特定できないようなもの
  • 猥褻な内容、不快感を伴う内容をテーマにしているもの
  • フィルターやソフト等で加工を施し、イラストとして登録した写真
  • クリエイター自身に著作権のない画像データ(写真・イラスト)

 

この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ