写真/作品登録への5ステップ③:セレクトのコツ

この記事は 約3分 で読めます
写真/作品登録への5ステップ③:セレクトのコツ


「たくさん良い写真が撮れた!でも似たようなものもあるし、どの写真をアップロードしよう。」
そんな風に迷うときがありませんか?そこで必要な作業が「セレクト」です。
趣味の写真であれば、「あれも良い。これも良い。好きなものは全部残そう。」となりますが、
ストックフォトの場合は、「セレクト」する際にも実はポイントがあります。
「作品登録前に覚えておきたい5ステップ」シリーズのステップ③「セレクトのコツ」をお届けします。

セレクトは購入につなげていくための作業


では、どうして「セレクト」をする必要があるのでしょうか?
それは、購入者にとって検索・閲覧がしづらくなり、購入の妨げにつながる可能性があるからです。
微妙な違いしかない写真が複数枚販売されていたら、素材を探している購入者も困ってしまいますよね?
そういった観点から、PIXTAでは「セレクト」が不十分な写真=
連続する類似カットや、同一被写体の微細な寄り引き・角度違い、色を変えただけの作品などは
審査リジェクトの対象となりえますので、ぜひこの機会にガイドラインにも目を通してみてください。
  ●写真・イラスト素材ガイドライン
  ●基本のリジェクト理由/類似した素材


セレクトの際に意識して欲しいポイント


「購入者が素材を検索・閲覧しやすいようにすること」が1番大切な意識ですが、
具体的には次のことを意識して、写真をセレクトするようにしましょう。

●テーマ・メッセージが伝わる写真になっているか

●より良い1枚を探す

●軽微な違いしかない類似カットは省く

●同一の被写体の場合、極力2-3枚に留める

●ピントが合っているか、ブレていないかをチェック

●明るさは現像で調整できるので気にしなくてOK
※RAW画質で設定していることが前提になります

セレクトの手順


1.写真をソフトに取り込む:メーカーの純正ソフトやAdobe Lightroomなど
2.レーティング(星をつける):この時に「セレクト」時のポイントを意識
3.セレクト

具体的な手順については、動画で紹介していますのでぜひご視聴ください。

●プラナさん×PIXTAコラボ動画シリーズ:「企画+セレクト」編


限られたアップロード上限枚数の中で様々な素材をご登録いただく方が
購入者の幅も広がり、より販売につながるチャンスが増えてきますので
意識して「セレクト」をするよう心がけてみてくださいね。

この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ