写真/作品登録への5ステップ①:企画のコツ

この記事は 約4分 で読めます
写真/作品登録への5ステップ①:企画のコツ

「作品登録の前に必ず覚えておきたい5ステップ」シリーズをお届け。
突然ですが、みなさんは普段「企画・テーマ」を考えてから作品の撮影・制作をしていますか?

「企画」を考えることの大事さ


ストックフォトは、主に広告・メディア媒体で利用されています。
そのため、趣味の写真からワンランクアップを目指したい場合、
あなたの作品の先に購入者がいることを意識すること、
その購入者がどういった素材を求めているかの事前準備=
「企画」作業がとても重要
になってきます。
この記事を読んで、「企画すること」を意識して撮影に取り組んでみましょう!

「撮影テーマ」を設定するには、たくさんの写真を見ること


そこで疑問に思うのは、購入者ってどんな素材を求めてるの?ということ。
日常生活の中で目に入ってくる「チラシ・広告・TVCM・WEBサイト」などで、
どのような画像が使われているか
にまずは意識を向けて、大きなニーズを掴んでみてください。

例えば、旅行系のサイトでは行ってみたいと思える絶景がひろがる観光地の写真だったり、
住宅系広告では住みたいと思える理想系の家・インテリアの写真だったりが使われていますよね。

販売につなげるためにやることは他にもたくさんありますが、まずは1つ。
”ご自身が撮りたいと思った被写体やテーマは、どの業界で使われそうかイメージを持つこと”。
必ず「撮影テーマ」を考えてから撮影
に挑むようにしてみてください。

 

「企画メモ」を作ってみよう


「撮影テーマ」を決めたら、「企画メモ」を作ってみましょう。
最低10枚を目標に、簡単でいいので撮影テーマの深掘りをしていきます。
この「企画メモ」を事前に作ることで、撮影当日やタグ付けをスムーズに進めることができますし、
最終的には販売への近道になりますのでぜひ取り組んでみてください。

「企画メモ」考える項目
  ① 撮りたいor撮れそうなテーマを決める
  ② ①のニーズが見込める理由や想定する業界/業種を考える
  ③ 撮りたいイメージの画像集めをしてみる
  ④ 「テーマ」に沿って構図やシーンを考える
  ⑤ 撮影当日に用意するプロップ(小道具)や衣装
  ⑥ 想定するタグ


「企画・テーマ」を考えるにあたって他にもヒントになるChannel記事をご紹介!
ぜひ読んでみてください。

関連リンク

●売れ筋ビッグテーマ コチラをクリック
●PIXTA×プラナさんコラボ動画シリーズ:「企画+セレクト」編


ストックフォトはとにかく継続することが大事です。
まずは気軽に、ご自身が続けられそうな「企画スタイル」を見つけて取り組んでみてくださいね。

この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ