【重要】消費税率改定に伴う獲得クレジット単価表記変更のお知らせ

その他

この記事は 約4分 で読めます
PIXTAクリエイターの皆様

いつもPIXTAをご利用いただき誠にありがとうございます。

PIXTAでは、2019年10月1日より施行される消費税率改定に伴い、獲得クレジット単価表記を変更いたします。
変更内容は、下記の通りです。

消費税率改定に伴う変更内容

 獲得クレジット単価について

素材が販売されたときに加算される「獲得クレジット」の単価を、下記の通り変更いたします。

2019年9月30日販売分まで 2019年10月1日販売分より
1クレジット=108円(税込) 1クレジット=110円(税込)

 換金申請時の手数料について

消費税増税に伴い銀行振込手数料が値上げとなるため、2019年10月1日以降の換金申請にかかる手数料を、216円から220円(単価計算での2クレジット)に変更いたします。

 その他

消費税率改定に伴い、素材の税込価格表記も変更となります。
詳しくはこちらのご案内をご参照ください。

以上
ご不明点などありましたら、下記「消費税についてのよくある質問」をご覧ください。

よくある質問

  • Q.  9/30までと10/1以降で、換金申請するタイミングによって振込金額は変わりますか?
    A.  いいえ、変わりません。販売報酬は、実際に売れたときの税率で決まります。
    ※ただし、10/1以降に換金申請を行なった場合、換金手数料のみ216円→220円に値上げとなりますのでご了承ください。

  • Q.  9/30までに売れた分と、10/1以降に売れた分の獲得クレジットを換金申請すると、振込金額はどうなりますか?
    A.  9/30までに売れた分については、1クレジット=108円換算で、10/1以降に売れた分については、1クレジット=110円換算で振込金額が算出されます。

  • Q.   源泉徴収される金額は変わりますか?
    A.  いいえ、変わりません。基本的な計算方法は変わりませんので、これまでどおり税込金額に対して源泉徴収が行なわれます。

  • Q.  なぜ換金手数料が値上がりするのですか?
    A.  消費税率増加に伴い、銀行への支払い手数料も増加するため、値上げいたします。

その他ご不明な点などございましたら、お問い合せフォームよりご連絡ください。

今後ともPIXTAをよろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ