映像素材リジェクト理由一覧

動画

この記事は 約3分 で読めます

素材が審査でリジェクトになった場合、以下のいずれかの理由が表示されます。
リジェクトの理由は、複数の理由が当てはまる場合でも主なものを1つだけお知らせしておりますので、下記一覧を一通りご確認ください。

「詳細」リンクがあるものについては、クリックすると詳しい説明が表示されます(PIXTAにログインした状態でご覧ください)。

 

審査結果についての個別のお問い合せにはお答えしておりませんので、あらかじめご了承ください。

 

なお、購入者の方にとって安心してお使いいただける素材を提供するため、PIXTAでは、定期的に審査基準の見直しを実施しており、また、販売中の素材についても随時見直しを行なっております。

そのため、一度販売開始された素材でも、後日販売に適していないと判断された場合にはリジェクトとさせていただく可能性もございます。あらかじめご了承ください。

 

 写真・イラスト素材を販売している方はこちらもチェック!
写真・イラスト素材リジェクト理由一覧

 

 映像素材のリジェクト理由一覧 
理由 詳細
販売素材として適切でない音声が含まれています。 詳細
動きがないため、ストック映像として販売に適しておりません。 詳細
データ破損、または編集のミスが確認できます。 詳細
販売素材として適切でない加工が施されています。 詳細
ホコリまたは意図しない映り込みが確認されました。 詳細
ノイズ、もしくは低画質のため、登録されませんでした。 詳細
ロゴ・商標・キャラクター・ブランド名などが写り込んでいないか再度ご確認ください。 詳細
個人情報が映り込んでいるため、登録されませんでした。 詳細
カメラワークに問題があるため、登録されませんでした。 詳細
ストック映像として登録されませんでした。 詳細
縦位置映像が横向きになっています。 詳細
適切なタグが入力されておりません。 詳細
映像ファイルに不備があるため、登録されませんでした。 詳細
映像の尺は5~60秒内に収めてください。 詳細
モデルリリースに不備があり登録できませんでした。 詳細
販売に適しておりません。 詳細
一時的に販売停止とさせていただいています。 詳細
同一の作品がすでにあります。または同じ素材を反転させています。 詳細
販売にあたりテーマ/被写体の権利保有者の許可が必要かご確認ください。 詳細
スタッフからのコメントをご確認ください。

この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ