リジェクトになったら

この記事は 約3分 で読めます
 

リジェクトになったら?

審査でリジェクトになった場合、その理由を作品一覧でお知らせしております。ご確認いただき、次回以降の撮影・制作の参考にしてください。 複数の理由が当てはまる場合でも主な理由を1つだけお知らせしております。販売素材ガイドラインリジェクト理由一覧を改めて一通りご確認ください。

審査結果についての個別のお問い合せには原則としてお答えしておりません。 ただし、内容を確認した上で誤った審査結果となっていた場合は審査結果を訂正し、ご連絡させていだきます。 また審査全般に関するお問い合わせに関しましても、内容によっては回答できない場合もございますのであらかじめご了承ください。

再挑戦は可能?

基本的に、一度リジェクトとなった素材の再アップロードはお断りしております。 ただし、下記の例のように修正可能なリジェクト理由の場合、適切な修正を行なったうえで再アップロードすることは可能です。 例)
  • モデルリリースの不備…人数分のモデルリリースを正しく添付してアップロード
  • タグづけの不備…適切なタグをつけ直してアップロード
  • ホコリの写り込みやレタッチの不備…該当箇所を修正してアップロード
  • 縦位置、横位置の設定不備…正しい位置に修正してアップロード
その場合、新規素材としてアップロードしていただくこととなります。 また、複数の理由が当てはまる場合など、修正・再アップロードしていただいても必ず審査に通過するとは限りません。あらかじめご了承ください。

販売中素材のリジェクトについて

購入者の方にとって安心してお使いいただける素材を提供するため、PIXTAでは、定期的に審査基準の見直しを実施しており、また、販売中の素材についても随時見直しを行なっております。 そのため、一度販売開始された素材でも、後日販売に適していないと判断された場合にはリジェクトとさせていただく可能性もございます。あらかじめご了承ください。  

この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ