PIXTAではどんなイラストが売れてるの?

イラスト

この記事は 約10分 で読めます
PIXTAではどんなイラストが注目されてるの?

No. 14318542 | by montego

PIXTAには写真・イラスト・動画と大きく3つの素材ジャンルがあります。その中のイラスト分野において、今どのようなテーマの素材が売れているのか?そして、どんなテーマの素材にニーズが集まっているのか?をまとめてみました。イラストクリエイターの皆さま、ぜひ企画制作の参考にしてみてください!


PIXTAの売れ筋コンテンツとは?

まずPIXTAにはどんなテーマの素材にニーズが集まっているのかをご覧ください。

[2014年 イラスト販売回数ランキング TOP100]

定額制のダウンロード回数を除く年間のランキングです。(ベクターの販売回数含む)

7106162
第1位 | 7106162
4994284
第2位 | 4994284
8894075
第3位 | 8894075

4387784
第4位 | 4387784
5224241
第5位 | 5224241
6076636
第6位 | 6076636

9080633
第7位 | 9080633
9953939
第8位 | 9953939
9630874
第9位 | 9630874


>>続きはコチラ2014年 イラスト販売回数ランキングTOP100



[売れ筋コンテンツのカテゴリ分け]

2014年のコンテンツ販売回数上位1,000位(素材点数:1,331点)をカテゴリ分けしました。


8894075
人物素材 | 41%
4387784
風景・背景素材 | 18%
3767739
モノ・動植物 | 8%

12021771
年賀素材 | 7%
5882419
建築・インテリア | 7%
9745863
イメージ素材 | 6%
人物を除くビジネス・医療など

9007919
季節・イベントイメージ | 5%
8658836
デザインパーツ | 5%
5674933
資料的な素材 | 3%
地図・国旗など

6076636
PC・モバイル・タブレット | 2%
6692035
アイコン | 2%
etc
その他 | 0.2%


2014年のコンテンツ販売回数上位1,000位(素材点数:1,331点)をカテゴリ分けした結果、このような構成となりました。

そして、上位のカテゴリをさらに踏み込んでテーマ分けをしてみました。



[No,1:人物素材のテーマ分け]


7728823
家族 | 20%
家族を含む素材全般(テーマは多種)
6995983
ビジネス | 15%
5457939
ライフスタイル | 15%

4740408
感情 | 14%
指差し・悩むなど
6302485
医療・健康・福祉 | 11%
10804309
美容・ダイエット | 10%

8590029
教育 | 3%
4750834
パターン集 | 3%
6709554
ボディパーツ | 3%
解剖図や肌断面図含む

8158417
シルエット | 1%
5343361
スポーツ・レジャー | 1%
etc
その他 | 4%


家族テーマが20%を占める結果となりました。なかでも汎用性の高い(見る人の性別・年代を問わない)テイストが多く見受けられました。

次いでNo,2となる「風景・背景素材」もテーマ分けを行いました。
こちらには背景利用が考えられる「季節・イベントイメージ」も追加しテーマ分けを行っています。


[No,2:風景・背景素材 + No,6:季節・イベントイメージ]


879231
抽象的 | 19%
アブストラクト
4368073
自然 | 18%
7013085
都市・街並 | 17%

5453178
パターン | 11%
テクスチャー素材含む
2716058
地球・宇宙 | 10%
9452371
桜 | 7%

6943702
その他 | 6%
2903842
クリスマス | 5%
11429479
正月 | 3%

11264206
紅葉・秋 | 3%
6791547
夏 | 1%
11425182
ハロウィン | 1%

※すべてが背景利用という訳ではありませんが、便宜上背景利用が考えられる素材としてカテゴリ分けおよびテーマ分けをしています。

以上が現在のPIXTAでの”売れ筋テーマ”ということが判りました。(データ元は2014年年間です。)

では、それ以外のテーマのイラストは売れていないのでしょうか?

答えは否です!!

参考までに2014年のイラスト検索キーワードTOP500をご覧ください。
>>[2014年 イラスト検索キーワードTOP500]
実に様々なキーワードでイラストが探されていることがよく判ります。

このようなニーズの情報は定期的に当Channelなどで公開しておりますが、「売れ筋分析ツール」もぜひご利用になってください。
>>売れ筋分析ツールについて

市場のニーズに合ったテーマの素材を制作し販売をすることはストック素材の考え方として非常に重要なポイントです。イラストの場合は写真・動画の制作と違い、場所・モノ・モデルなどの調達や天候に左右されることがありません。
定期的にニーズをリサーチし自身の描けるテーマを制作することが「売れる」ための一番の近道ともいえます。
ぜひ今回の情報を企画のヒントにしてみてください。



忘れてはいけない!見落としがちなビッグテーマ

header_blog

ある一定期間のみの販売にも関わらず、年間で「7%」という実績を持つカテゴリがあります。
これを年間に置き換えて考えてみるとその市場規模の大きさが分かると思います。

それは年賀素材です!

一年に一回の大きな山ですので今からの制作&アップをオススメいたします。
そして、年賀状ソフト・印刷などの年賀関連の業界は年明け早々に翌年に向かい動き始めています。

来年は「2016年」「平成28年」「干支は申(猿)」です!

>> 詳しくはコチラ


ベクター素材がきてます!

いまPIXTAで特に注目したいのがベクター素材の著しい進捗状況です。

vect

なぜベクター素材が選ばれているのか??実際の購入者さんのご意見をお届けします。

・クライアントの要望で色などの変換をしなければならないことが多々あるため
・部分的な色の変更やレイアウトの変更ができるから
・入稿時に画像点数を気にしなくて良い点
・拡大縮小が可能
・パーツパーツでいろいろ利用できる etc…

といったご意見が寄せられています。
つまり購入者さんにとっての「使い勝手の良さ」が選ばれている理由です。

しかし、まだまだPIXTAにはベクター素材が足りていない状況です。制作環境や創作スタイルにもよりますが、ベクター素材を販売されていない方はぜひベクター素材の制作・販売をご検討ください。アップするには良いタイミングです!

※すでに販売中のJPG素材に対応するベクター・PNGの紐付けアップロードも可能です。
※ベクター・PNG素材のみ独立してのアップロードには現在対応しておりません。

>> ベクター・PNG素材ガイドライン
>> すでに販売中のJPG素材への、EPS・PNGデータの紐付け方法



この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ