【トップクリエイター講座】売れる風景写真とは何か?Vol.1

この記事は 約6分 で読めます

売れる風景写真とは何か?Vol.1

YNSさんプロフィール

今回の講師 YNS さん


プロカメラマンとして雑誌・広告と幅広く活躍する傍ら、
ストックフォトにも積極的に取り組む。
独自の目線で日常の風景を捉えた作品が人気のトップクリエイター。

» プロフィールはこちら

2015年3月15日「クラブツーリズム・フォトフェスタ2015」にて行われたYNS氏によるストックフォトセミナー「売れる風景写真とは何か?」のレポート記事をお届け。
セミナーの講義内容から風景写真において大事なポイントが満載なのでぜひチェック!
※全4回


[売れるストックフォト 3つの条件]

条件

私が思う「売れるストックフォト」の条件はズバリ3つです。

①テーマがはっきりしていて、誰が見ても「何が写っているのか」すぐにわかること。
②明るいイメージであること。(順光*1で撮影した、影が少ない写真が良い)
③個人情報 / 商標などが写ってないこと。

*1順光:撮影者の背中に太陽があって被写体の正面に光が当たっている状態。


最低限、これらの条件を満たしていると購入してもらえる可能性が高くなります。
特に③は一番重要で、ここを満たしていないと「審査」に通らず、販売することすらできませんので、まず最初に気をつけたいポイントだということを忘れずに!
» 審査とは
» 審査NGのまとめ

個人情報の話で言いますと、やはり人の「写り込み」は難しい問題ですね。休日の観光地などは人がいないことの方が少ないので人を写さないように撮るというのは至難の業。
そんな時、私の場合は現場でどのように対処するかを考えながら撮影するようにしています。
例えば、地面をフレームから外したり、被写体をクローズアップして周囲を写しこまないようにする、顔が判別できない距離から撮る、ボカしてわからなくする、後でレタッチしやすい撮り方で撮る……etc.
自分のスキルに合わせて対処法をいくつか考えておき、現場で対処できるようになるとベストだと思います。

無計画に撮った写真を後から無理矢理レタッチするのは大変ですし、作品としても不自然な写真になり、審査に通らない事が多いのであらかじめ気を付けておくのがポイントですね。


[良い作品と、売れる作品の違いとは?]

たとえば写真コンテストを例に出しますと、写真展に出す作品(写真)は、自分の表現したい「究極の1枚」を作るために、1点を目指して絞り込んでゆく製作といえます。
ところがストックフォトは、いろいろな方が様々な用途で使用する写真ですから、前もってたくさんのバリエーション写真を作っておくことが必要になります。

つまり、ストックフォトの写真と、写真教室などで教わるコンテストの写真では、考え方や撮り方が全く逆なのです。
そのためストックフォトに初挑戦する人は、まずここの「頭の切り替え」をすることが大切になってきます。


[覚えておきたい!風景撮影2つの方法]

ストックフォトの風景撮影は、漠然と撮るよりも、使用用途の具体的なイメージを持って撮影をすることをオススメします。
その分かりやすい方法として2つの撮り方があります。

①「具体的」な場所を説明(表現)する
夕暮れの東京駅
②「抽象的」なイメージ写真
東京駅の新幹線乗り場

つまり、これはどういう事かと言うと、同じ旅行関係の広告だとしても
①は、東京への旅行イメージとして、具体的に場所を表現できます。
②は、東京に限らない旅行イメージとして使えます。


風景を撮る際は、まずこの2つのどちらなのかを意識するようにしています。そしてもちろん両方撮ります。
つまり1つの場所で両方のイメージが撮れるのです。
逆に言えば、①か②かどちらなのか分からないような写真は売れづらいと思ってよいかもしれません。



[使われ方を3つ意識して撮ると、撮影が格段に変わる!]

3つの視点

次に意識したいのは「何に使われるか?」を意識して撮影すること。
とは言え、最初はなかなか難しいと思いますので、簡単な3つの視点をお教えします。

①ポストカード(観光絵はがきなど)
②観光地のポスター
③観光パンフレット


①であれば、コピースペースなど入れずに、その場所その物をメインに撮影しますよね。
②であれば、空や地面などを入れて、コピーや説明文を入れやすい構図で撮ると思います。
③のパンフレットなら、ご当地の看板やその場所の特徴を写し込んだ構図で、説明的な要素を写しませんか?
例えばどこかの観光名所の写真を撮るとき、この3つの用途で使われることをイメージして撮ってみてください。きっと構図や撮り方が格段に変わるはずです。

【トップクリエイター講座】売れる風景写真とは何か?Vol.1は以上です。
» Vol.2はコチラから
» Vol.3はコチラから
» Vol.4はコチラから


来たる4月18日(土) 今回の講師YNSさんと行く風景撮影ツアーを開催します!
たくさんの方のご参加お待ちしております!

※参加申し込みは終了しております。たくさんの参加申し込みありがとうございました。

詳細はコチラ



この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ