PIXTAの売れ筋から見る動画コンテンツの動向

動画

この記事は 約5分 で読めます
"購入者目線"でわかる!! 自分の作品が検索されやすくなるタグ

No. 6996171 | by sato



突然ですが、皆さんは動画制作に興味はありますか?
近年は一眼レフカメラでも十分にクオリティの髙い動画制作が可能になりましたので、動画をやってみたいけど何を撮ったらいいのか分からない。という方も多そうですね。
そこで、今回のPIXTAchannelでは動画コンテンツ制作に役立つ情報をまとめました。 今すでに制作している方も、これから始めてみようという方も必須。今後の動画制作に役立ててくださいね。

まずはこちら【2013‘PIXTA売れすじ動画コンテンツまとめ(※1分程)】をチェック!

インターネットの高速化や、動画配信サイトの充実、スマホの大画面・高画質化により、今や動画コンテンツを見るメディアは、テレビからインターネットへと変化してきています。 映画や番組はもちろん、特にCMや企業・商品プロモーションなど動画を使った広告は、国内市場規模でみても2013年時で前年の約3倍にまで拡大、今後も大幅に伸びると予測され、動画素材が必要とされるケースは年々UPすると思われます。

PIXTAにおいての動画素材販売も、2013年は前年比で約1.8倍に増加! 今年はさらに伸びると予想されますので、動画撮影を始めるなら今年です! 乗り遅れないうちに、以下の動向をチェックして動画の制作を始めてみてください。

PIXTA今年の動向はコレ!

■人物:
ライフスタイル(家族、女性、赤ちゃん)、ビジネステーマ(足元だけ、手元だけ、色んな職業系、コックさんなどの専門職) 顔が映っているものももちろん売れますが、「手元だけ、足元だけ」などはインサートカットとして差し込みやすいため。モデル撮影をした際でも忘れずに撮っておいて欲しいカット。

■CG:
背景素材がメイン。タイトルバックや背景で使用されるアブストラクトCG素材は、企業のプレゼン動画で使用されるケースが多く、ビジネスをイメージした青を基調とする素材が売れすじ。その他、宇宙とか太陽など実写で撮りづらいジャンルも人気。

■エコロジーイメージ:
ソーラーパネル、エコカー、緑、水、環境保全、節電・節水など、時代を反映したもの。

■グローバルイメージ:
地球、光線、街、世界地図など、色は青っぽいようなものが売れすじ。

■エフェクト用素材:
炎、煙、泡、霧、水面など使い勝手の良いものが安定して人気。

■ウエディングイメージ:
ウエディングマーケットの動画需要は大変高く今後も注目したい業界。ハートモチーフ、花びらが飛んでいる、きらめくダイヤモンド、ウエディンググッズ(指輪、リングピロー、ケーキ)、バージンロードイメージなど。

■飲み物:
飲料を注いでいるような水系の素材は夏に向けて売れる。

■食べ物:
料理は、ターンテーブルで回したり、スプーンですくったり、おはしでつかんだりとプラスアルファで動きをつけているもの。鍋であればぐつぐつ感を分かりやすく表現したもの。

■空・雲:
実写も売れるが、雲が流れていく様子などはなかなか撮りづらいため、まだまだCGの人気も高い。

■都市・自然風景:
季節ものの売れ方は2パターン
①今現在の季節の素材が売れる (※冬に冬の動画が売れる)
「リアルタイムで足りない素材が今すぐに欲しい!撮って出し用」
②今現在と全く逆の素材が売れる (※冬に夏の動画が売れる)
「撮りたいけど、季節的に今撮れないから素材で代用する需要」

タグを付ける時に注意して欲しい点:旅行業界からの需要も多くあるため、撮った場所や地名は確実に。


いかがでしたでしょうか?動画元年と言われる2014年。
動画素材を制作し始めるにはまたとないチャンスですよ!


≫動画素材を売りたい方は、まずこちらから!
≫今販売中の動画素材を見るならこちらから



最後に、海外素材の売れすじ動画コンテンツもまとめてみましたので、こちらも併せてご覧ください!




この記事が役に立ったと思ったら、シェアしてください!

お役立ちカテゴリ