Vintage film camera on wooden table

企画書や提案資料に欠かせないのが画像。ネットの画像検索などで見つけた画像を無断で使っていませんか?著作者の許可なく利用すると著作権侵害となる可能性も。
トラブルを防ぐにはどんなポイントに注意して画像を選ぶといいのでしょうか?
今回は企画書・資料を作るすべての方が知っておくべき画像の著作権について、わかりやすくご紹介します。


画像検索の落とし穴に注意!すべての画像には著作権があることを理解しよう!

ストックフォト

インターネット上で公開されている写真・イラスト・動画などの著作物には、「著作権」が存在します。
この「著作権」は、著作物が創られたと同時に発生し、原則として、著作物を創作した「著作者」に帰属します。

ウェブの画像検索などでみつけた画像を、著作者の許可なく利用したりしていませんか?
特に注意したいのは、検索キーワードに「フリー」「無料」等を入れて検索する場合。
画像検索でヒットする写真は、すべてが無料とは限りません。
必ず画像が公開されているURLに訪問し、利用規約を確認してから使うようにしましょう。
個人の著作物であれば、必ず著作権者に利用許諾を得てから使用しましょう。

会社のブランドを宣伝する営業職やマーケティング職の方は、企画書や提案資料を作る機会が大変多いかと思います。「フリー」で検索してヒットしたから「フリー素材」だと思っていた、等の言い訳は、問題が起こった後には通用しません。ブランドの信用まで落とす問題に発展しかねませんので、インターネット上に公開されている画像を使う場合は、事前の確認・準備を徹底しましょう。


社名ロゴや芸能人、キャラクターの無断利用は絶対にNG!

バツ NGをする女性(青背景)

企画書や提案資料でよく取引先の紹介ページで使われるのが、社名やブランドのロゴ。
相手の企業から事前に許可をとっていますか?
資料に使う場合は「どんな資料に掲載して、どのように使うのか」説明し、必ず相手方の許可をとってから利用しましょう。

また、芸能人や有名なキャラクターの画像もインターネット上ではたくさん公開されていますが、無断使用は絶対にNGです。上記で説明したように、無断で利用した場合、著作権侵害とみなされるケースがあります。
もしも無断使用が発覚した場合、利用料や損害賠償を支払う等のトラブルに発展する可能性も。
ロゴや芸能人、キャラクター等の画像も、許可なく利用するのは避けましょう。


企画書・提案資料に安心して使える画像はどう探す?

ビジネス 女性

画像を使うときに気を付けたい注意点をご紹介しましたが、安心して使える画像はどう用意すればいいのでしょうか?
安心して画像を使う手段として、

・企画書用に撮り下ろす&制作を依頼する
・商用利用が利用規約で許可されている、ストックフォトサービスを使う


などがおすすめです。

まず前者ですが、一般的に業務で制作した著作物は、企業に著作権が帰属します。(職務著作といいます)
自社で製作することで、自社が著作権をもつことになるため、企画書に安心してつかうことができますね。
この方法の懸念点としては、制作費や納品までに日数がかかること。

安心して利用できる画像を、今すぐ探して利用したい場合は、PIXTAをはじめとする、商用利用が利用規約で許可されているストックフォトサービスを利用するのがおすすめです。
ただし、販売されている画像はどんな用途でも自由に使えるとは限りません。画像を使う前に利用規約を必ず確認するようにしましょう。



企画書・営業資料に使う画像のポイントは3つ。

・画像にまつわる権利を正しく理解する
・利用前に必ず著作者の許諾を得る
・商用利用が問題ない、自社で撮り下ろした素材やストックフォトを使う


著作権などの権利関連の問題がニュースで取り上げられる機会も増え、顧客の著作権への意識が高まっています。
顧客に提出する資料には、安心して使える画像を選びましょう。

[お知らせ]
PIXTAではより安心してコンテンツをお使いいただくために、安心補償サービスもございます。
https://pixta.jp/indemnity


( この記事のTOP画像に使用した素材No.16926848karandaev